aspotaトップサイトマップ

« MLBスライディングルール | メイン | マエケン2試合目先発 »

マエケン投手デビュー戦

昨日は、マエケン投手の鮮烈なメジャーデビューをTVライブで見ることができました。これから何試合も登板するなかでのたかが1試合ですが、やっぱり大事な1試合です。最高のデビュー戦となったことは本当に素晴らしいことだと思います。おめでとうございます!サムライ・プレイヤーの誇りを忘れずに頑張って欲しいと思います。


その試合を見ているなかで、Dodgers の選手の中で、僕にとっても印象深い選手が2人いました。一人は、Justin Turner 選手です。昨日は、3番ファーストで出場し、先制のタイムリーヒットでマエケンをサポートしました。彼とは、長いこと一緒にグランドに立っていて、1Aのミッドウェストリーグから3Aまでずっと一緒でした。特に2Aのサザンリーグにいるとき、ミシシッピー州のブレーブス参加チームの試合を担当していた時に、滞在ホテルがビジターチームと一緒で、僕の家族が日本から遊びに来てくれていた時に、彼の所属していたレッズ参加チームと一緒になりました。ホテルで家族と一緒にいるときに彼が通りかかり、彼のほうから、「タクの家族?」と聞かれ家族を紹介しました。僕は、家族に彼がとても有望な選手で必ずメジャーで活躍する選手だよと紹介していました。その言葉が嘘でなかったことを家族も昨日わかってくれました。

Justin%20Turner.jpg
■Justin Turner 選手


もう一人は、マエケンの女房役であったA.J. Ellis 選手です。彼とは、僕が3Aのパシフィックコーストリーグで彼が時々マイナーに落ちてきたときになずかよく球審としてそばにいたことが多くて、よく当時の日本人メジャーリーガーについても話をしていました。特に黒田投手と一緒のチームだったので、彼の事を”素晴らしい投手だ!”と褒めまくっていました。今回も、マエケン投手にいろいろとアドバイスをしてくれたことは想像がつきます。彼とバッテリーを組んだことは、大正解だったと思います。

A.J.%20Ellis.jpg
■A.J. Ellis 選手


そんな懐かしい顔を見ながら、昔の良い思い出を思いださせてくれた、マエケン投手のデビュー戦でした。

Calendar

2016年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー