« MLB Instant Replay | メイン | 審判育成手順#1 »

Hustle! Hustle!

審判の世界では、”ハッスル”という言葉を使います。審判学校でも、「ハッスルしなさい!」とはっぱをかけられました。


しかし、ハッスルとはどのような意味なのでしょう?広辞苑によると、元気よくやること。張り切ること。と書いてありました。審判の世界のハッスルも大体このようなことかも知れません。では、なぜ審判が、ハッスルすることが必要なのでしょうか?


何人かのMLB審判にハッスルとは何?と聞いてみました。審判学校で同期であったDan Iassogna がわかりやすくこう言ってくれました。『ハッスルする理由は2つある。ひとつは、あなたが判定する可能性のあるすべてのプレイに対して、ベストなポジションに入るため。ふたつめの理由は、チームに対して、全力で仕事をしているということを見せるため。彼らがあなたのハッスルしている姿を見たら、あなたは、全力で仕事に取り組み、仕事が大好きだという審判であるという噂になる。』


誰が仕事しているところを見ているかわかりません。特に一軍の試合ほど多くの人に見られています。仮にある審判がだらだらと仕事をしていて、誰かに見られていたら、今の時代、簡単にその醜態をSNSなどで全国の人に悪評がたってしまいます。


こんなことがありました。2A時代に、アラバマ州バーミンガムでの試合でとてもしまった投手戦になり、試合時間も2時間と少しだったと思います。その試合では、たまたま球審でした。このような試合は、球審にとってもやりやすい試合だったので、僕の調子もたまたま良かったのです。その時の良い仕事ぶり(ハッスルは当然していました。)をスタンドで観戦していたあるファンが、我々審判団の仕事ぶりを感激したといって手紙に書いてリーグに送ったのでした。その手紙の効果もあってか、我々のそのシーズンの評価は、皆よかったのでした。


こんなこともあるのです。これが逆の結果を手紙で報告でもされたら、きっとひどい結果が待っていたでしょう。見ている人たちの目も影響力があるのです。プロである以上、自分のやっている行動に責任を持つ必要があるのです。

0603%2520Umps%2520%252015.jpg

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー