« 審判員の評価基準 | メイン | Umpire Clinic in 香港#2 »

Umpire Clinic in 香港

3日間のクリニックがスタートしました。朝9時にホテルを出て、9時30分から球場でトレーニングです。まずは、定番の"Go stop call" から始めました。1往復だけでしたが、受講者の審判経験がだいたいわかります。ウォームアップも兼ねています。


その後は、3人制フォーメーションの練習です。1塁ベース付近で、フォースプレイの見方、走者1塁での牽制、外野への打球の追い方、など審判長のGus が説明していきます。ときおり僕が捕捉で説明を入れていきます。その後は、2塁ベース付近へ移動して、走者一塁での3塁塁審のスターティングポジションから2塁での盗塁、フォースプレイの見方、外野捕球に対しての責任分担、などの説明をしていきました。


先ほどの説明の実践練習をします。サード、ショート、セカンドゴロ、それぞれに対しての見方を練習しました。この後は、バッティングゲージへ移動して投球判定練習。マシンはないので、受講生が交代で投手、捕手、打者役も行います。全員に、基本的なところである、スロットポジションやトラッキングについて説明して、すぐに実際にやってもらいました。審判経験が少ない受講生が多かったので、トラッキングが上手に出来ない生徒が多かった事が印象的でした。

Inst_5.JPG

ランチタイムを取ってからもう一度投球判定練習をして、再びグランドに戻り、3塁ベース付近で、タッグプレイへの備えかた、3塁での盗塁、捕手からの牽制球などの見方、ランダウンプレイへの対応などの説明をしました。そして、本塁へ移動して、ホームでのプレイの見方、コリージョンプレイの説明、本塁付近での妨害やNothingについて、打者の捕手への妨害などについての説明も行いました。


その後、3人制審判の実践練習を行いました。内野ゴロを打ってもらい、球審、1塁、3塁塁審がそれぞれのケース別に決められたフォーメーション通りに動く練習です。あっという間に6時前になりこの日の講習が終了しました。


初心者の人には、盛りだくさんで頭の中がパニックになっていると思いますが、ポイントを絞って吸収して欲しいと思います。”トラッキングと1塁でのフォースプレイの見方”。この2つのテクニックを出来なくとも感じて欲しいと思います。それが出来れば試合のなかで努力すれば出来る様になります。


2日目も頑張っていきましょう!

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー