« 【講習会・セミナー 】 -指導者・子供たち向けー | メイン | MLBポストシーズンゲーム »

【ベースボールの行動規範(マナー)の基本】

昨日の巨人対横浜戦で、笠原投手がピンチの場面でグリエル選手を打ち取った際に雄叫びをあげた事に対して、グリエル選手が怒りをあらわにマウンドの笠原投手に詰め寄るという光景をスポーツニュースで目にしました。これは、試合の中での日本人選手とアメリカ野球系選手との感覚の違いによるものです。このあたりの感覚の違いを埋めていくことがこれからの日本野球界の将来に大きく影響していくように思えてなりません。


まず、ベースボールにおける行動規範(マナー)の基本とはどのようなものかというと、「基本的に、選手は勝つためにはン何をしてもよい、ただし敵に恥をかかせたり個人の業績を過度に誇るな」というところであるようです。


日本人にとっては、正当な方法で投手が打者を打ち取ったなら、素直に喜びを表現しても良いかと思うのですが、アメリカ系野球人にとっては、敵に恥をかかせる行為、個人の業績を過度に誇る行為ということになるのでしょう。


WBCやオリンピックなどで野球をする以上、このようなベースボールのマナーや書かれざるルールなどをある程度理解する努力をしなければならないと考えさせられます。日本は、アメリカに次ぐ野球大国です。ということはそれに対する自覚をしなければならないと思います。アジアの野球は、日本の野球にすべて影響されています。その責任もあるはずです。


野球に関わる人みんなで考えていきましょう、野球のルールとマナー。楽しい野球が行われていきますように!

0603%2520Umps%2520%252023.jpg

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー