« チャレンジする子を育てよう! | メイン | 【講習会・セミナー 】 -指導者・子供たち向けー »

Ball Park ボール・パーク 野球場

皆さん、こんばんは。またまた更新が滞って申し訳ありません。


アメリカにいた7シーズン中には、数々のボール・パークに行きました。マイナーリーグで審判をしていたので、ほぼ毎年違う場所で審判をしていました。数えたことがないので、正確な数字はわかりませんが、感覚的には、僕が行ったことがない州は、多分5州ぐらいだと思います。一般的なアメリカ人でも、多くの州に行くという人は、すごく少ないと思います。大都市では、ない中小都市を、かなり回っていました。お蔭さまで、貴重な経験をさせて頂きました。


アメリカのボール・パークは、それぞれとても特徴的なところばかりでした。いろいろな思いでがあります。球場の形状もそうですが、それぞれの球場で行われるイベントにも、本当にいろいろなものがあります。


地元のスポンサーの企業が、その業種の特徴を生かしたイニング間のイベントを行います。選手がウォームアップしているイニングの合間にも、そのウォームアップしているダイヤモンド内で、いろいろなイベントを行っているのです。


ゴルフ場がスポンサーである場合、お客さんの中から選ばれた数名が、”アプローチ・コンテスト”と称し、10メートルほど離れた場所にカゴを置いて、穴あきボールを本物のピッチング・ウェッジで、狙って入れようとチャレンジします。5球の持ち球で、何球入ったかを競います。勝者には、スポンサー企業のゴルフ場の割引券や、練習場のボール無料券などが与えられます。

CIMG1965.JPG


地元のスーパーマーケットがスポンサーなら、”買い物レース”。スーパーで売っているような商品を等間隔に並べ、それを大型の買い物かごを押して進み、その商品をかごにすべて積んでゴールを目指して競争します。勝者には、当然そのスーパーの商品券です。


お決まりのイベントは、そのチームのマスコットと子供のダイヤモンド一周競争。競争相手のお子さんは、小さいお子さんで、当然、普通に走ったら簡単にマスコットが勝てるのですが、必ずお子さんが勝ちます。その勝たせかたが、いろいろなパターンがあって、見ていて面白いのです。たとえば、ゴール手前で大好物を差し出す友達が現れたり、大好きな彼女に呼ばれて、そっちにに行ってしまったり、定番は、ゴール数メートルで思いっきりこけたり。とにかく単純に楽しめます。


こんなようないろいろなイベントで、とにかく球場にまた来てもらおうと努力しています。家族で球場に足を運んでもらうように努力しています。多くのお客さんが、野球場で野球を見ているというわけでなく、何かで楽しんでいるのです。お父さんは、ビールを飲みながら野球を見ています。お母さんは、バーべキューエリアで、ママ友とおしゃべりと食事を楽しんでいます。子供は、遊園地エリアで滑り台に夢中になって遊んでいます。”野球場に野球を見に行く”という概念を崩しているから出来ることだと思いました。ボール・パークに行けば楽しめる!という認識を持ってもらうための営業努力。これからは、必要な事だと思います。


CIMG2036.JPG

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー