« Baseball と 野球 | メイン | MLBへ正式昇格! Quinn Walcott #81 »

イチロー選手の影響

前回、投手の打者への攻め方による、試合時間への影響を書かせていただきましたが、僕自身パリーグで審判をしていたころを振り返ると、こんな記憶があります。


イチロー選手が、日本で全盛期には、そのイチロー選手と対戦することが、各チーム投手陣のカギとなっていました。イチロー選手は、ご存じのように投球を選んで、狙った投球に絞って打っていく打者ではありません。悪く言えば、”悪球打ち”、よく言えばどんな投球でもヒットゾーンに打つことが出来るスーパーマンのような打者なんです。日本でのデビュー当時から、そのような打ち方をしていました。


当時、投手の攻め方の支流としては、コースに投げ分ける投球、アウトコース、インコースいっぱいに投げて、ホームベースから少しだけ外したり、入れてきたりと、いわゆるコースに投球を出し入れするような投球方法が支流でした。打者の打ち方の支流といえば、イチロー選手のような打者は少なく、ボールの投球には、出来る限り手を出さないで、狙っているストライクの投球を待って打つことが支流だったと思います。

40CB0421.jpg


そんな中、イチロー選手の台頭により、パリーグの野球では、今までのコースの細かい出し入れ的な投球が、通用しなくなってきていたのです。そうなると、投手は、打者への攻め方を変える事を余儀なくされます。


そこで、投手がやりだしたのは、コースに投げ分けるというよりは、自分の”投球の力”で勝負するようになっていったのです。イチロー選手に対して勝負して勝つためには、投球自体のスピードや威力、変化球のキレの良さ、などで勝負しなければ打ち取れなくなっていったのです。なぜならば、イチロー選手のような打者に、細かいコースの出し入れをしていても、見逃さずに打たれてしまうからです。


イチロー選手をまわりで見ていた、パリーグの打者陣もだんだん、彼の打ち方をまねるようになっていくように見えました。こうして、パリーグの野球は明らかに変わっていきました。これにより、”投球の力”を持った投手が、パリーグに増えていきました。そのような環境で育っていった投手の代表が、松坂投手であり、ダルビッシュ投手であり、マー君であると思います。


彼らは、アメリカで勝負できる投手の条件である、ストライクの投球で打者を打ち取ることができる投手です。


いつの間にか、交流戦で勝率の高いのがパリーグのチームという雰囲気が生まれました。僕は、この原因は、間違いなくイチロー選手の活躍のお蔭であると思っています。


CIMG2947.JPG


Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー