« キャンプ at 喜瀬ビーチ | メイン | 英語学習に対する後悔 »

田中将大投手試合の球審

皆さん、こんにちは。更新が本当に久しぶりになってしまいました。
すみません、いろいろと整理して、もっともっと皆さんにお伝えできるように
頑張りますので、これからまた宜しくお願いします。


田中将大投手が6試合目の登板を終えて、4勝0敗、防御率2.53 と昨年から
引き続き負けません。特筆すべきは、四死球が6試合で6つと抜群のコントロール
をもって試合で投げているということだと思います。


この6試合で球審を務めていたのが、割と自分と関わりのあるMLB審判達だったのです。
これも何かの縁なんですかね?


4月4日 トロント戦 ランス・バレット(2003年Jim Evans審判学校、PBUC同期)
4月9日 ボルチモア戦 ティム・ウェルキー(1992年Jim Evans審判学校 チーフインストラクター)
4月16日 シカゴ戦 ジム・レイノルズ(1992年Jim Evans 審判学校、UDP同期)
4月22日 ボストン戦 クイン・ウォルコット(2008年AAサザンリーグ クルーメンバー)
4月27日 アナハイム戦 ビル・ウェルキー(1992年Jim Evans審判学校 インストラクター)
5月3日 タンパ戦 ダグ・エディングス(1997年アリゾナ・フォールリーグ クルーメンバー)


特にクインは、AAでの1シーズン(140試合)を一緒に過ごしていたので、思い出も深いです。
彼とは、毎日YMCAのジムに午後1時にホテルのロビーで待ち合わせて一緒に通っていました。
しかも、審判学校インストラクターをやっていた時の生徒でもあり、僕のイチオシおすすめ審判
だったのです。そんな、彼の晴れ舞台が見れるなんて感慨深いものがあります。
一流のMLB審判に成長して欲しいです。(僕が選んだ審判なので、大丈夫でしょう!)


CIMG1685.JPG
■ サザンリーグで一緒に審判をしていたクイン。


Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー