« 【サムライ審判 野球塾 審判基礎セミナー(2人制)】#1 | メイン | 【サムライ審判 野球塾 野球コーチングセミナー】 »

【サムライ審判 審判基礎セミナー(2人制)全4回】

■Pause-Read-React  ポーズ-リード-リアクト

2人制審判を行う上で、最も重要なテクニックといっても過言ではない。そんな
テクニックが、ポーズ、リード、リアクト、のテクニックなのです。

例えば、打球がライトへ打たれました。そこで、このテクニックを使います。

●ポーズ
打球が打たれたら、すぐに動き出すのではなく、その打球が誰の責任分担なのかを判断する
”間”を取る事、それが”ポーズ”です。

●リード
自分の責任分単に飛んだ打球であると判断したら、その打球でどのようなプレーが起こるかを
”読む”事、それが”リード”です。具体的には、その打球がトラブルボールなのかルーティンフライ
なのかを読む事になります。

●リアクト
リードで下した判断に基づいて、行動を起こすことを”リアクト”といいます。この場合では、
トラブルボールで、打球を見に行く(go out) のか、ルーティンフライと判断して、内野内
に入る(come in) のか、いずれかの行動を起こすことがリアクトになります。

Umps%2520505%252080.jpg

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー