aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2013年09月 | メイン | 2014年02月 »

2013年10月 アーカイブ

2013年10月03日

サムライ審判 野球塾

サムライ審判 野球塾 という facebook ページを立ち上げました。立ち上げた理由は、日本の野球をより良い方向へ向かわせる為です。野球塾としたのは、僕の専門、野球審判だけが、頑張ってもダメで、野球にかかわるすべての人々が、変わらなければ、野球界は、変わっていきません。そのために、審判以外の部分にもチャレンジしていきます。


その第一弾として、【サムライ審判 審判基礎セミナー(2人制) 全4回】 を来月からスタートします。


2人制をあえてスタートさせるのは、すべての野球審判の基本となっているのは、間違いなく2人制審判なのです。僕は、アメリカの、ルーキーリーグ、シングルAリーグに在籍していた全部で5年かの間に、約485試合ぐらい、2人制で試合を裁いてきました。その後、AAクラスに上がってから、3人制、AAAクラスに行ってからは、4人制も経験してきました。


その経験から、強く感じていることは、基本の2人制がしっかりと土台になっている、ということだったのです。日本では、この2人制審判を出来る機会がなかなかありません。そんな2人制の知識をまず得て欲しいという願いからです。そして、積極的に2人制が出来る場を、皆さんと一緒に作っていきたいと考えています。


まずは、このセミナーに参加してみてください。新たな審判の魅力を感じることができると思います。そして、これから審判をやってみようと思っている方は、もっと審判をやりたいという気持ちが強くなることでしょう。


さあ、アンパイアの世界に足を踏み入れてみましょう!もうすでに審判のかたは、もっと、もっと深く踏み込んでみましょう!


http://www.facebook.com/samurai.umpire/

CIMG1685.JPG


2013年10月11日

サムライ審判 審判基礎セミナー(2人制) 全4回

来月7日より、審判基礎セミナーを開催します。今回のセミナーは、”2人制”というところに
こだわってみます。

2人制審判は、まだまだ日本では、馴染みがないと思いますが、水面下では、大切さを理解し
て頂いているプロ・アマの有力者が日本でも普及をもくろんで動いています。
実際、NPBアンパイア・スクールやプロ・アマ アンパイアスクールでも2人制を勉強して頂くよ
うになります。そんな2人制を先行して学んでみませんか?

◆カリキュラム(一部)
・球審の投球判定するための基本 スロット、トラッキング、など
・フォースプレーの味方 アングル/ディスタンス
・捕手のかわし方 45フィートらいんまでの動き方
・ピボットターン
・ダブルプレーの見方(2人制)
・牽制球の見方(2人制)
・盗塁時のタッグプレーの見方
・2人制審判 メカニクス 走者なし、走者一塁、走者一、二塁、など
・ホームプレート・ミーティングの仕方
・抗議への対処の仕方
・インターフェアランス、オブストラクションなどのケースでの宣告方法

このようなことを実演と映像などを使って学んでいただけます。内容の濃い4回にしたいと
思いますので、皆さまぜひ、ご参加ください!

◆Facebook ページでもいろいろご紹介させていただきています!
こちらへの”いいね!”もお願いします。
http://facebook.com/samurai.umpire/

【日程】

第1回 11月7日(木)
第2回 11月15日(金)
第3回 11月21日(木)
第4回 11月28日(木)

【場所】 日本青年館 6F GR会議室
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘7番1号
http://www.nippon-seinenkan.or.jp/access/

【時間】 受付18:30 開始18:45 終了20:45

【受講料】
原則4回全て参加 
UDC会員 税込10,000円  非会員 税込12,000円

1回ごとの参加の場合 税込4,000円(UDC会員、非会員問わない)


※一旦お支払になった受講料は、その後の理由に関わらず返金致しません。


<重要!!> 

【受講料お支払】完全前払お振込制(書留OK)とさせて頂きます。下記までお振込下さい。書留の場合は、UDCまでお送りください。

1回ごとの参加ご希望の方の締切は、それぞれ前日と致しますが、予約人数により、お断りする場合がありますので、ご了承ください。


【お振込先】
三菱東京UFJ銀行
表参道支店
普通 1913022
トクヒ)アンパイア デベロツプメント コーポレーシヨン
※お振込の際の手数料は、振込者のご負担とさせて頂きます。

なお当日のお支払の場合は、UDC会員、非会員に関わらず、1回ごとに「+1,000円」となります。ご注意ください。お振込(書留到着)の確認をもって、「予約完了」とさせて頂きます。その後受講証の発送となります。


【受講予約方法】今回は「完全予約制」となります。

「平林セミナー(2人制)受講希望」
ご氏名
郵便番号
住所
UDC会員の方は会員番号
電話番号
FAX番号
メールアドレス
受講希望日

以上をお書きの上、UDCまでFAXかメールにてご送信ください。なお、お電話での受付はしておりません。

FAX:03-3453-5917
Email: info@umpire-dc.org


【申込締切】2013年11月1日(金)17時 
※会場の関係により、締切前に申込受付を締め切る場合がございます。ご了承ください。


【その他】
・当日は、審判ユニフォームを着用される必要はありません。お仕事帰りの服装でお越しください。
・ルールブックをお持ちの方は、ご持参ください。


2人制をじっくりと学べる機会です!お見逃しなく!

0603%2520Umps%2520%252015.jpg

2013年10月12日

ツイッター始めました!

2013年10月18日

【サムライ審判 野球塾 審判基礎セミナー(2人制)】#1

野球規則 4.01 に則り、両チームの監督は、試合開始5分前にホームプレート
上で待っている、1人以上の審判員の待っている、ホームプレート上に進む。
ここで、メンバー表を交換します。

NPBでも、今シーズン(2013年)からこの行事を取り入れています。この行事は、
実は、野球規則 4.01 からきているものだったんです。

1) 球審は、ここで、まずホームチームの監督からメンバー表2通を受け取ります。

2) ビジティングチームの監督からメンバー表2通を受け取ります。

3) 球審は、受け取った打順表を確認します。各選手の名前が間違って記載されて
いないか、守備位置は、間違いないか、指名打者を採用している場合は、指名打者
を使っているのか、指名されているか、などを確認、照合し、メンバー表の正本と副本が
同じかどうかなどを確認し、それぞれの副本を相手チーム監督に手渡す。

大事なことは、ホームチーム監督が、球審にメンバーを手渡されると同時に、競技場の
全ての責任が、各審判員に託されるということです。つまり、この瞬間から、競技場
でのすべての権限がゆだねられたということになります。

0603%2520Umps%2520%252023.jpg

http://www.facebook.com/samurai.umpire/


2013年10月20日

【サムライ審判 審判基礎セミナー(2人制)全4回】

■Pause-Read-React  ポーズ-リード-リアクト

2人制審判を行う上で、最も重要なテクニックといっても過言ではない。そんな
テクニックが、ポーズ、リード、リアクト、のテクニックなのです。

例えば、打球がライトへ打たれました。そこで、このテクニックを使います。

●ポーズ
打球が打たれたら、すぐに動き出すのではなく、その打球が誰の責任分担なのかを判断する
”間”を取る事、それが”ポーズ”です。

●リード
自分の責任分単に飛んだ打球であると判断したら、その打球でどのようなプレーが起こるかを
”読む”事、それが”リード”です。具体的には、その打球がトラブルボールなのかルーティンフライ
なのかを読む事になります。

●リアクト
リードで下した判断に基づいて、行動を起こすことを”リアクト”といいます。この場合では、
トラブルボールで、打球を見に行く(go out) のか、ルーティンフライと判断して、内野内
に入る(come in) のか、いずれかの行動を起こすことがリアクトになります。

Umps%2520505%252080.jpg

2013年10月22日

【サムライ審判 野球塾 野球コーチングセミナー】

12月2日(月)と9日(月)18:45~20:45、野球コーチングセミナーを開講します。
今回のセミナーのメイン講師としてお願いしているのが、清水隆一さんです。
僕の尊敬する、コーチングのプロです。野球コーチングの第一人者であると言って
過言では、ありません。


清水さんのプロフィールは、以下のようになります。
早稲田実業高校で野球部主将を務め、春・夏連続で甲子園出場しベスト8。ならびに青森国体優勝。早稲田大学でも野球部主将、熊谷組では主将を務めたあと、野球部監督として都市対抗準優勝に導いた。数々の主将の経験や監督業におけるその指導力とコーチング技術に定評があった。00年、(株)コーチ21に入社しコーチング能力を高めると、02年には清水隆一コーチングオフィスとして独立、06年にはキャリパーコーチングカレッジを設立した。
現在は、企業や地方自治体などでのコーチング研修や講演活動を行うほか、スポーツに関わる様々な団体に携わり、コーチングの重要性を唱えている。


清水さんは、高校、大学、社会人と野球選手としてのエリートコースをたどってきました。常にキャプテンとしてチームを引っ張る立場で活躍されてきました。そして、熊谷組監督に就任し、自分が経験してきたいろいろな指導方法をうまく融合し、1年間で社会人野球のトップである都市対抗準優勝を果たすという離れ業をやってのけた偉大な指導者のおひとりなのです。


その清水さんが、実戦されたのが、”あくまでの選手の自主性に任せた練習”を徹底的に行ったそうです。チーム強化は、練習時間に比例するといわれていた常識を見事に変えたのです。当時、全体練習は、週末に3時間づつだったそうです。後は、自主練習として、選手たちの自主的な行動に任せていたそうです。


そんな、清水さんの、”どうしたら、個々の選手の能力を最大限引き出すことができるか”という清水理論が満載のセミナーにあなたもぜひご参加ください!

http://facebook.com/samurai.umpire/

Umps%2520505%252053.jpg


Calendar

2014年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

カテゴリー