« ベースボールと野球 | メイン | ビーンボール(故意に打者を狙った投球) »

ベースボールの始まり

ベースボールと野球の違いを理解する上で、これだけは知っておいて欲しいことなので今回書かせていただきます。それは、どのようにしてベースボールが始まったかということです。


ベースボールは、現在のようなスタイルとは少し違いました。現在のように投手が打者を打ち取るということがありませんでした。


どういうことかというと、投手は、打者のリクエストに応じて、打者の打ちやすいところに下手投げで軽く投げていたということです。ですから、打者が打つのが当たり前で、何点取れるかの勝負になっていたのです。


このような始まりなので、今でもベースボールでは、打つことが優先されているのです。アメリカでは、練習といえばバッティング練習ということになります。ほとんどの時間を打撃に費やします。日本では、どうですか?ほとんどに時間を守備練習に費やしていませんか?


それと、このような始まり方をしたことで、大きく違った感覚を持っていることで重要なことがもう一つあります。それは、投手が原則ストライクゾーンに狙って投げることです。日本では、ボールの投球を有効に使えと教えられると思います。しかし、アメリカでは、ボール投球を使うことは、マナー違反になってしまうのです。ここは、大きな違いということになります。


僕が考えるに、日本の野球では、試合に勝つ事が重要な事になるので、守る事と投手が打者をボールの投球を使ってでも打ち取ることが必要になったのだと思います。


ベースボールは、打ち合いになり、どちらが多くの点数を取るかという点取りゲームであり、投手は、打者が打てる範囲に投げて、その投球の質で打ち取ることを目指し、打者と投手の勝負を観客も含めた皆で楽しむということが重要な事なのです。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー