aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2012年11月 | メイン | 2013年03月 »

2013年01月 アーカイブ

2013年01月06日

2013 新年を迎えて

皆さん、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。


2013年になり、早6日目になりましたが、新年のご挨拶
が遅くなりまして、申し訳ありませんでした。
言い訳になりますが、年末に風邪を引いてしまい、
寝込んでいました。だいぶ良くなったのですが、
今もあまり声が出ません。明日は、大学の授業でお話させて
いただくのに、”不徳の致すところ”です。


松井選手が引退しました。よっぽど怪我したところが、
よくないのでしょうね。本当に偉大な選手だったと
思います。これからは、日本野球界、将来の為に彼に
しか出来ないことがたくさんあると思いますので、
そこに向かって、頑張っていって欲しいと思います。


アメリカでの挑戦を絶たれてから初めてのシーズン、
10年ぶりにNPBに復帰して、正直戸惑いだらけでした。
ブログの更新もあまりできなくて、皆さんにも
ご迷惑をかけました。今シーズンは、もう少し僕の
近況が皆さんにお伝えできるように頑張ります。


人を指導する立場になった今、指導する側の人間性
が問われることがよくわかりました。自分自身、日々
精進して社会人としても立派な審判員を育てられる
ように努力していきます。


本年も宜しくお願い致します。


平成25年1月吉日
NPB審判技術委員 平林 岳


2013年01月21日

体罰問題

ご無沙汰しておりますが、お元気でしょうか?
キャンプに行く前の合同トレーニングがもうすぐ
始まるので、そろそろ仕事のイメージトレーニング
を始めています。


さて、表題の体罰問題、皆さんはどう思いますか?
僕らが育った時代には、ある意味当たり前だったような
気がします。しかし、今の時代で、しかも
自殺した生徒が出るなんて、どんな言い訳を
用意しても正当化はできないでしょう。


体罰が行われるようになった原因は、間違いなく
現在のスポーツ界に蔓延する”勝利至上主義”
だと思います。まして、教育の一環であるべき
学生スポーツにおいては、指導者が勝つことによって
地位を得ることができる仕組みになっているような
気がします。


学校もスポーツで良い成績を得て、名前を売って
生徒を集める宣伝媒体に利用しているように思える
のです。一人一人の能力を伸ばした結果、良い
成績を収め、その結果、有名校になることは良い
事だと思います。


スポーツは、生徒の人間教育の材料として行うのが、
本来の姿だと思います。指導者や学校の利益の為に
強豪校にすることは、本質から外れていることだと
思います。


生徒達、一人一人の教育の一環として行うのが、
学生スポーツだと思います。勝てるチームを作る
為に殴ることは、体罰のなかでも最低の体罰だと
思います。


部活動の意義、みんなで考えていきましょう!

Calendar

2013年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー