aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2012年04月 | メイン | 2012年06月 »

2012年05月 アーカイブ

2012年05月06日

こんにちは!

皆さん、こんにちは!凄~いご無沙汰してしまって
すみません!


今シーズンに入って、ブログに書く内容を
いろいろと考えているとなかなか書くことを選ぶのが
とても難しいのです。期待して見ていただいてる皆さん
には、本当に申し訳なく思っています。


考えた末の結果ですが、僕がこの場で堂々と書けることは、
昨年まで7シーズンを過ごしたアメリカでの経験を皆さんに
お伝えすることだと考えました。


今までにもブログで書いた内容も含んでしまうことが
あると思いますが、より詳しくアメリカ野球をお伝え
できるように頑張っていきたいと思います。


今日は、八王子まで行ってきます。
ゴールデン・ウィーク最終日、素敵な1日をお過ごしください!
Have a nice day!


2012年05月12日

松井選手出場のExtended Spring Traing

松井秀喜選手が現在出場しているのは、
フロリダで行われている"Extended Spring Training"です。
延長された春のオープン戦とでも訳しておきます。


これは、通常行われるメジャーリーグ、マイナーリーグ
のオープン戦は、シーズン・イン・前に行われますが、
この延長されたオープン戦は、6月から始まるルーキーリーグ
選手達の為に延長され、現在アリゾナとフロリダで行われて
います。


ルーキーリーグは、マイナーリーグでは一番下レベルのリーグ
で、アメリカのドラフトは5月に行われるので、その時期
に合わせた開幕になっているのです。


我々、審判達も審判学校卒業後、PBUC Camp というトライアウト
での成績上位者が、このルーキーリーグに配属されて
審判のキャリアをスタートさせます。


松井選手は、その一番下のリーグ選手達と一緒に汗を流しているのです。
報道によるとこの後、レイズのAAA、ダーハム・ブルズでプレー
してメジャーを目指すようです。


僕は、このルーキーリーグ、ガルフ・コースト・リーグと
ブルズのあるAAAインターナショナル・リーグの両方
でシーズンを過ごしたことがあります。


そして、それぞれのリーグで本当に貴重な経験をしました。
松井選手は、すぐにメジャーに上がると思いますが
彼も行く先々でアメリカ野球底辺で良い経験をして欲しいと思います。
そして、出来るだけ早くメジャーでプレーする姿を見たいと思います。

2012年05月14日

ダルビッシュ投手5勝目!

先日の試合でダルビッシュ投手が、見事5勝目
を収めました。


ちなみにその試合での球審は、皆さんにもお馴染み
のボブ・デビットソン審判でした。


今回の勝利をみて感じたことは、ダルビッシュ投手は、
アメリカでうまくやっていけるんじゃないかなということ
でした。それがなぜかと言うと、この試合では、2時間
の雨による中断があったにも関わらず、中断後の投球のほうが
良かったということなのです。


2時間という長時間の中断は、日本ではまずないことだと思います。
アメリカでは、わりと当たり前のことなのです。
ちなみに僕もAAリーグの時に、4時間遅らせて試合を開始したことが
ありました。


この2時間の間をうまく使わないと、このような投球
が出来ないのです。特に精神状態をうまく再開時に持って
いくことは容易なことではありません。アメリカ人は、
この点が上手な人が多いのです。多くのアメリカ人選手は、
カード・ゲームなどして、その時間の間は、ゲームを楽しんで
うまく息抜きし、余計なことを考えないようにしています。


ダルビッシュ投手もうまくこの息抜きが出来たから
あのような結果が生まれたといえます。
これからも多くの日本人が困るような状況をうまく
乗り越えて行くことでしょう。

2012年05月22日

送球当時とは?

皆さん、こんにちは!
今日は、朝からすっきりしない天気です。
僕は、平塚のナイト・ゲームに行く予定なので
自宅でメジャーリーグ中継を観戦しています。


イチロー選手とダルビッシュ投手の対戦で、
3回にイチロー選手が走者1,3塁でセンター前
ヒットを打ちました。


センターは、1塁走者の3塁への進塁を防ぐための
送球が、大きく逸れて、ダッグアウトに入りました。
さて、この場合に1塁走者と打者走者であったイチロー
選手は、どこまで進めるのでしょうか?


ルールでは、野球の送球がボールデッドの箇所に入った
場合は、送球当時に占有していた塁を基準に2つの進塁
を与えます。これが、基本中の基本です。


送球当時ということがキーになるのですが、
この送球時というのは、野手の手からボールが離れた
瞬間のことを指します。


ですので、今日の場合は、センターが3塁へ送球した
瞬間に走者がどこにいたかが問題になります。
この日の審判団は、1塁走者は、2-3塁間、イチロー選手は、
1塁ベースに到達していたという判断で、
1塁走者に得点を与え、イチロー選手には3塁を与えていました。


よく選手たちは、ボールデッドになった瞬間を基準
であると考えがちですが、基準は、送球当時というのが
基準となります。


皆さんも、観戦中にこのような状況になったら、
自信を持って、まわりの人々に教えてあげてください。

2012年05月24日

松井選手のいるインターナショナル・リーグ(AAA)

松井選手が現在頑張っているAAAダーラム・ブルス
は、インターナショナル・リーグというAAAリーグ
に属しているチームです。


僕も2009年にこのリーグに所属していたので、
新聞テレビ等で、懐かしい名前が出てくるので、
その当時を思い出しています。


AAAリーグは、アメリカに2つあり、
もう一つは、2010,2011年に配属されていた
パシフィック・コースト・リーグです。
メジャー30球団は、それぞれ1チームずつの
AAAチームを保有しているので、30もの
AAA球団があり、16球団がPCL、14球団がIL
に配属されています。


以前は、アメリカン・アソシエーション・リーグ
というAAAリーグがアメリカ中部にあったのですが、
なくなってPCLとILに割り振られました。


松井選手がいるILのほうがチームのある都市の範囲が、
狭いので、移動が楽なように思えるのですが、
ILでは、ほとんどがバス移動になっているので、
ほとんどが飛行機移動のPCLよりも実は、大変では
ないかと思います。


日程的には、メジャーも大変なのでそんなに違和感が
ないかと思いますが、その移動手段や滞在先のホテル
などが、メジャーとは全然違うので、その辺りをどのように
克服していくかがこれからの課題だと思います。


このような苦しい経験をバネにして、
1日も早くメジャーに昇格し、多くの日本人に
夢を与えてください。

2012年05月26日

投球当時とは?

先日、ブログで”送球当時”について書かせて
いただきました。コメントにて「それでは、投球当時
は?」(MLB)というご質問を受けましたので、
投球当時について書かせていただきます。


この話で、僕がとても印象に残っている逸話があります
ので、それをお話します。


ジム・エバンス氏に投球当時とはいつのことですか?
と聞いた時のことです。彼は、投球当時をはっきりと
MLBマニュアルに明記するようになったのは、こんな
ことがワールドシリーズであったからなんだと言って
いました。


トロントのスカイドームでワールド・シリーズが
行われた時のことです。ジムがクルー・チーフ
だったそうです。走者が1塁にいて、投手はセット・
ポジションに入りました。


ここで、走者は見切り発車のような状態で、
2塁へ早くスタートを切りました。ふつうであれば、
野手が『外せ!外せ!』と声をかけて、投手が
投手版から軸足を外して、飛び出した走者を
アウトにすることができるのですが、この時は、
ワールド・シリーズで超満員にお客さんが入って
いて、ドーム球場であったこともあって、
野手の声が全く聞こえなかったそうです。


その為、投手は走者がスタートしたことに気付かず、
打者に投球しました。そして、打者は、ファール・ボール
を打ったのでした。ここで問題になるのは、ルールで
ファール・ボールの場合の走者の帰塁するべき塁rというのが
定められています。このルールでは、走者は、投球当時
占有していた塁に戻ると規定されています。


そうなると、投球当時がいつだったかということによって
戻る塁が変わる可能性があるのです。もし、投球当時が
送球当時のように投手の手からボールが離れた瞬間という
ことになると、上記のケースでは、すでに2塁に達していて
2塁に進塁することになっていただろうとジムは言っていました。


もし、日本のアマチュア野球のように投手がボールを
持ってプレートについた時ということになると、
1塁に戻すということになるでしょう。


この時にジムは、4人で協議し、クルーチーフであったジム
の意見を取って、「投手がまさに投球を開始したとき」。
ということにしたそうです。具体的には、セットの状態から
足が上がってもう打者にしか投球できないと判断された瞬間
が投球当時ということになりうます。


セットの状態からは、まだ牽制球を投げたり、軸足を外したり
、と投球以外のことが出来る状態にあるといえます。
なので、まさに”投球”が始まった瞬間を投球当時としたのです。
この出来事の後、マニュアルにこの解釈基準を書き加えたそうです。


アメリカでは、このような解釈が投球当時ということに
なっています。

2012年05月30日

松井選手昇格!!

松井選手が、ついにメジャーリーグ昇格
を果たしました!!おめでとうございます!


メジャーの良いところ、つらいところ、
大変なところを全て知り尽くしている松井選手
のことです、必ず結果を出してくれると思います。
Good Luck!!


背番号がどうなるかが話題になっています。
35番が有力となっているそうです。
僕は、55番を今つけている選手が譲ってくれる
ものと思っています。


アメリカの選手達(特に若手)は、あまり
背番号にこだわっていません。
だから、僕はあえて55番をもらえると予想します。
さて、どうなることやら・・・?


とにかく頑張って欲しいです。

Calendar

2012年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー