« BELGARD UP900 チェスト・プロテクター | メイン | Salt Lake City »

最後の一歩

先日、僕が1塁塁審をやっているときに、
審判をやっているかたには、当たり前のように
よく起こる、こんなプレーがありました。


打者走者(右打者)が内野ゴロを打って、
1塁へ走る際には、1塁と本塁の中間点より、
1塁ベースよりを走る際には、ライン上か、
ファール地域にある3フィート・レーンの中を
走るというルールがあります。


勿論、すべての内野ゴロではなく、大体
本塁とマウンド、そして1塁ベースを結んだ
三角地帯で打球を処理した場合だけですが、
このあたりから送球された場合には、
打者走者がもし、フェア地域を走っていると、
走者が送球を邪魔して、1塁手が守備できなくなります。
なので、このような場合に、送球が
打者走者に当たった場合、守備妨害を宣告します。


ただし、例外があります。これは、比較的
最近のルール改正で新たに組み込まれたのですが、
1塁ベースを踏むための、”最後の一歩”で
送球に当たった場合だけ、守備妨害にならないというものです。
これは、ベースは、フェア地域に置かれています。
なので、どこを走ってこようが最後にベースに着くときには、
フェア地域に入ってしまうからです。


僕らが、遭遇したプレーは、この”最後の一歩”で
送球が打者走者に当たったというプレーでした。
でも、僕たちは、これでも守備妨害を宣告しました。
なぜかというと、この場合にもさらに例外があり、
打者走者が、打った後に、ずっとフェア地域を走る続けて
いた場合は、この限りではないという文章がついているのです。


まさにこの例に当てはまる状況でした。
ちなみにこのケースの判定は、
球審が行います。したがって、球審であったバリーが、
守備妨害で打者走者にアウトを宣告しました。


そして、案の定攻撃側の監督が抗議に来て、
結局、バリーに退場を宣告されるはめになりました。
これで、クルー3人とも、退場件数は、1回ずつ。
さて、シーズン終了時には、
誰が退場宣告王になっていることやら・・・?

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー