« オクラホマシティ | メイン | パーソナル・ディ »

フライング・スタート

先日、僕が球審を務めた試合で、
こんな事がありました。


9回の表で、ホームチームが3点ぐらいリード
していました。1死走者2,3塁で、
打者は、右中間に深いフライを打ちました。


両走者ともタッグ・アップで進塁しました。
僕は、球審だったので、
全体を見ていました。すると、2塁走者が
何やら怪しい動きをしていたのが目に止まりました。


走者は、一旦、1塁方向へ戻って、
野手が捕球するタイミングを見て、
ゆっくりと走りながら3塁へスタート
を切りました。


よくいわれているフライング・スタートは、
3塁走者が、レフトポール側から勢いをつけて走りだし、
ちょうど捕球の時点でベースを踏んでいくような
かたちです。


今回の場合は、1塁方向から塁を踏んで方向を変えながら
のフライングなので、あまり勢いがついていないように見えました。
通常、フライング・スタートの場合、
アピールなしで、審判が即アウトのコールをします。


なので、この日のケースは、
もしフライング・スタートとコールしたならば、
捕球して2死、フライング・スタートで3死となり、
3塁走者の得点は認められないと考えられます。


僕は、2塁走者のタッグ・アップを見る当該審判では、
なかったので、宣告しませんでしたが、
誰も何も言わず、抗議もありませんでした。


関心したのは、走者は、3塁側にリードを取っていましたが、
しっかりと2塁ベースを踏んで1塁ベースよりに位置取り
していました。この辺りは、野球選手の本能なのでしょう。


いずれにせよ、変なことはしないで欲しいというのが、
我々審判の本音です。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー