aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2011年03月 | メイン | 2011年05月 »

2011年04月 アーカイブ

2011年04月01日

レン・サカタ氏

メジャーリーグは、本日31日に開幕します。
マイナーリーグは、ショート・シーズンのリーグ以外は、
4月7日に開幕します。
なので我々マイナーリーグは、3日までオープン戦が続きます。


そんななか、今日の試合で懐かしい人に会いました。
レン・サカタさんです。
彼は、何度も再会している野球人の一人です。


最初に会ったのは、1994年に日本球界に入れてもらった
最初の年です。彼は、ボビー・バレンタイン氏とともに、
千葉ロッテの2軍監督に就任しました。
日本での1年目だったので、2軍の試合でいつも顔を合わせていました。
少し(?)は英語ができたので、よく話しかけてきてくれました。


次は、アメリカに復帰して3年目にアドバンスAのカリフォルニア・リーグ
でジャイアンツ監督だった彼と再会しました。


その後彼は、また日本の千葉ロッテで2軍監督をしたので、
日本に帰っているときに一度訪ねていき最後に会ったのが2009年でした。


もう会うこともないであろうと思っていましたが、
何と今日、僕が球審をやった試合のフィールドにいたのでした。
コロラド・ロッキーズのAチームのバッティング・コーチとしてです。


野球界にいれば、いつまでもいろいろな人との出会いや再会があります。
人との出会いを楽しみにしていつまでも審判を続けていけるように頑張ります。

40CB0421.jpg
■こちらの写真は、MLBオープン戦 Dバックス対ドジャース

2011年04月02日

アルフォンゾ・マルカス

今日(1日)は、午前10時から3試合を担当しました。
通常は、午後1時からなのですが、相手チームのSFジャイアンツ
が今日でキャンプを打ち上げて、各自が自宅へ帰るので、
フライト時間に間に合うためにMorning Game になりました。


そんな試合も終わりに近づいた9回に昔からの
友人であるMLB審判のアルフォンゾ・マルカス審判が、
わざわざ僕のキャンプに来てくれました。


彼とは、本当に古くからの付き合いで、93年ルーキーリーグ
のためのオープン戦Extended Spring Training に一緒に参加していました。
彼も、両親はメキシコ人で、いってみれば、”マイノリティ”仲間です。
なんとなく親近感があり、お互いに気にしあっています。
今では、立派なメジャー審判になった彼は、僕のことを特に気にかけて
くれています。


そして、今日は、先日ブログでもご案内した
チャリティ・オークションの品物も持ってきてくれました。
しかも、僕のキャンプにいるメンバー全員をランチに連れて行ってくれました。


アルフォンゾは、メジャーに昇格して数年で、
ワールド・シリーズにも選ばれている優秀な審判です。
少しでも彼に近づけるように頑張っていきます。

CIMG2880.JPG
■ロッカーで僕のプロテクターをつけたマルカス審判(MLB#72)
 とても気に入ったようで、本気で平林モデルのプロテクターを使うようです。

2011年04月05日

Spring Training 終了

4月3日(日)朝9時開始の試合で2011年の
我がシカゴ・カブス(マイナー)Spring Training Game
がすべて終了しました。


終了後、皆すぐに帰宅の途に着きます。
監督もコーチも審判も少しでも早く離れていた家族に会いたい、
そしてまたロードの生活になるので、
少しでも家族と一緒にいたいということで、
一目散に球場を去っていきます。


いつものことですが、僕だけ一人ぼっちになるので、
この時ばかりは寂しい思いをします。


MLB試合3試合を含めて、15試合(うち球審5試合)
をジャッジすることができました。
本当に良い準備ができたと思っています。
あとは、シーズン144試合(4試合休みが取れるので
実質は140試合です。)すべてで悔いの残らない仕事が
できることを目標にしていきます。


一昨年と昨年に痛めた首と右足に関しては、
ほぼ問題なく仕事ができています。
あとは、1試合1試合しっかりと全力疾走していくだけです。
頑張ります。


ちなみにキャンプ前半で、MLB審判Ted に連れていってもらった
バッファロー・ワイルド・ウィングで、
チキンをかじっている際に歯が欠けて、歯医者に行きました。
ことらで入っている保険があったので、
そんなに治療費に関して心配していなかったのですが、
保険が50%効いているにもかかわらず、
何と請求額は、$762.50でした。


やはり、アメリカで医療費をなめたらいけません。

2011年04月08日

また地震!

アメリカは、4月7日の午後です。
今朝、嫁さんと電話で話をして「最近は、
余震もそんなにないよ」。と聞いていたところ、
そのすぐあとにまた地震があったようですね。
びっくりです。


嫁さんと電話で話しタ後に、
NPB審判の森さんとスカイプで話をして、
地震のことを知りました。
関東地方は、そんなに大きくなかったようですが、
宮城では震度が6強ですか・・・。
津波のほうは大丈夫でしょうか?


本当に日本が心配です。
遠いアメリカから、これ以上被害が大きくならないように
祈ることしかできません。


今晩から7年目のアメリカでのシーズンが開幕します。
皆さんに元気を与えられるように
全力で頑張っていきます。


with%20Tump%20March29.jpg
■MLBオープン戦の試合前。以前からよく面倒を見てくれている
 John Tumpane 審判と。


2011年04月09日

144分の1

昨晩のゲームが 2011 Pacific Coast League Crew#2
の船出となりました。
メンバーは、Barry Larson (chief),Kellen Levy そして僕です。


凄く両チームの守備がよく、ファインプレーがいくつも
ありました。2時間9分のしまった良い試合でした。


僕は、1塁を担当しましたが、1,2塁間を抜けそうな強いゴロを
2塁手がダイビングして好捕。その後すぐに起き上って
1塁へ送球しましたが、本当に間一髪間に合わず”セーフ”という
プレーを的確なポジションで判定することができました。


このようなプレーを判定するには、とても大事な基本技術
を使う必要があります。審判学校でもうるさく何度も教えます。


まずは、”ポーズ、リード、リアクト”のテクニックです。
打球が1,2塁間に打たれた場合、まずは”リードステップ”
を取って打球を読みます。どのようなプレーが起こるかを
読む(Read)します。


昨晩のケースでは、2塁手が僕の方向にダイビングして
打球を捕りました。僕と野手との距離がとても近くにありました。
そこで、”プレッシャー”を感じました。
プレッシャーを感じた場合、何が起こるかというと、
野手が送球する送球線と自分が判定する場所とがとても近くなり、
最悪の場合、送球に当たってしまう場合もあります。


そうならなくても、送球が自分の近くを通るので、
1塁でのプレーを見るのに大変忙しくなり、
しかも顔を動かしながらみることになり、
その後すぐに起こるプレーをよく見ることができなくなります。


そこで、このような場合は、ファール・テリトリのほうへ
ポジションを取り、余裕を持って1塁でのプレーを見る必要が
あります。


大事なことは、いかに早くどのようなプレーが起こるかを予測し、
出来るだけ早く適切なポジションに移動するかということなのです。


その点では、昨晩、このプレーを見る際に、完璧にできたことに
満足しています。実際、とてもよくこのプレーを見ることが出来て、
自信を持って判定を下せました。


幸い、昨晩はMLB審判スーパーバイザーの
Chuck Meriwether氏が我々の試合を見に来ていました。


僕のできる”良いところ”をどんどんアピールできるように
頑張っていきます。

2011年04月10日

難しい状況の判断ーアンパイアの仕事

最初の4連戦、3試合を終えました。
昨日は、球審、今日は3塁塁審でした。


昨日の球審では、投球が打者に当たったかどうかで、
抗議を受けました。通常、投球が打者に当たらなかった
という判定に対して、攻撃側から抗議を受けるものですが、
昨日は、守備側から抗議を受けました。


それは、走者が3塁にいたからです。
投球が右打者の足元にワンバウンドして当たったかどうかが
微妙な投球でした。バウンドしている投球であり、
打者の足元への投球であったため捕手が前に止められなかった
ため、走者がホームインしました。


このような判定では、必ず抗議があります。
守備側の監督は、パートナーに聞いてくれと言ってきました。
でも、このような微妙な判定は、誰から見ても微妙なのは、
わかっています。なので、僕は、”No, I don't need to ask my partner!"
と強く言い返しました。


もちろん僕にも微妙だったので、
打者のリアクションなどを見て判定しました。
このようなケースは、僕に判定責任がある以上、
僕が下した判定を通すしかないのです。


スーパーバイザーのMeriwetherさんも僕の処置を支持
してくれました。このようなケースの処置の仕方
は、僕の弱点でもあります。(言葉で言いくるめる
ということが出来ないから・・・。)
なので彼の言葉を聞いてホットしました。


現在、夜中の1時をまわったところですが、
ホテル部屋のテレビで”トップ・ガン”を観ています。
パートナーを事故で亡くして、自信を失っている
トム・クルーズに教官が言った言葉が印象的でした。


「上空に上がったら、難しい状況ばかり」。
「でも、それが仕事だ」。


僕らも一緒です。
難しい状況がいつ襲ってくるかわかりません。
いつ何が起こっても、それを処置していくのが
審判の仕事なのです。


審判の仕事を極めていくことが僕の目標なのです。

2011年04月11日

久々に、朝まで飲み明かしました。

今シーズン最初のシリーズを終えました。
たった4試合ですが、この144分の4は、
結構意味があります。
とても良いスタートが切れたと思います。


今日の試合は、今シーズン初のデーゲームでした。
ただ、延長14回、4時間の長~い試合になりました。
明日は、テキサス州ラウンドロックなのですが、
明日朝の移動です。


延長になったことは、大丈夫だったのですが、
明日からここナッシュビルで試合を裁く他のクルーが
真夜中12時ごろ到着しました。
こうなると一緒に飲むようになるのが、
日米プロ審判の間での常識です。


若い審判達には、それでも良いのですが、
マイナー審判最高齢の僕には、ちょっときついのが
正直なところです。
現在、朝4時です。


睡眠時間が少なくなりましたが、
明日は老体に鞭打って頑張ります。

2011年04月12日

Round Rock, Texas

初めてテキサス州のラウンド・ロックというところに来ました。
去年は、ここでの試合には、1試合も当たっていませんでした。
今回が初めてになります。
以前は、AAの試合をやっていた球場なのですが、
とても良い球場で、Pacific Coast League (AAA)の中でも
良い球場ランク上位に入る球場だと思いました。


この地では、UDCの副代表内川君が、テキサス・リーグ審判員時代に
審判をしていました。僕は、今日初めて来た球場なのに、
なぜか見たことがあるような気がしていました。
それは、内川君を追っかけていたTV番組のシーンが、
この地で撮影されていて、僕もその番組を見たので、
覚えていたのです。


ちょうど、アンディ・ぺディットという有名なMLB左腕投手が、
その番組のときに登板していたのです。
そんなことで、審判ロッカールームや球場の感じを
思いだしたのでした。


朝4時まで飲んで、今朝8時30分に起きて、
飛行機でナッシュビル(テネシー州)から移動してきて、
午後4時にホテルへ到着して、
7時からの試合に臨みました。


アメリカでの審判生活がいよいよ始まった感じです。
大変な移動がたくさんあると思いますが、
体調管理に気を付けて乗り越えていきたいと思います。


CIMG2883.JPG
■試合前にクルーで1枚。このシリーズでは、MLBバケーション審判
 Angel Campos 審判が僕たちのクルーに合流してくれました。4人制です!


2011年04月13日

建山投手AAAで初勝利

現在滞在中のラウンド・ロックには、元北海道日本ハム
の建山投手が在籍しています。
ここのチームは、テキサス・レンジャース傘下AAAチームで、
在籍していることは知っていましたが、
本人の投球をアメリカで見たのは、初めてでした。


今日の試合は、投手戦で、8回まで2対1で
ビジターチームがリードしていました。
ところが、ホームのラウンド・ロックが土壇場に追いつき
結局延長13回、4時間超えのロング・ゲームになってしまいました。


そのおかげで建山投手を見ることが出来ました。
12回から登板して、2回をほぼ完璧に抑えていました。
僕は、3塁塁審だったので、横の角度から彼の投球を見ていましたが、
この角度から見る限り、あまりスピードを感じなかったのが、
正直な感想でした。


イニングの合間に、球審であったMLBバケーション審判の
エンジェル・カンポスに聞いたら、「今までに見たことにないぐらい、
変化球の変化の始まりが遅い投球だ、とても良いよ」。と感想を
言っていました。


彼がそのように言うということは、アメリカで十分通用すると
いうことだと思います。建山投手ファンのかたがた、日本人メジャー
リーガーを応援するかたがたには、すごく心強いコメントだと思います。
是非、彼の活躍を期待してあげてください。

2011年04月14日

Good wheels (良い車輪)

昨晩の試合では、僕が2塁塁審、Angel審判が3塁塁審
だったので、イニング間ごとに貴重なアドバイスを
してもらいました。


走者1塁で打球がライト方向に飛んだときには、
2つの可能性があります。1つは、野手が打球を落球したりして、
2塁でフォース・プレーが起こるケースです。


この場合は、2塁ベースに入っている野手の”足の離れ具合”
が見えるポジションを考えなくてはいけません。
野手は、送球方向に足を延ばすので、1塁と2塁を結んだ
塁線に近づきます。


もう1つは、深い打球で、タッグ・アップがあるケースです。
この場合は、2塁でタッグ・プレーが起こるので、
ダイヤモンドの外側(通常送球が来る方向のベースを挟んで
反対側)にポジションを取ります。


このように、各状況ごとに的確なポジショニングを要求されるのです。
そのあたりを細かく教えてくれました。


ちなみに昨日の試合中に、センター後方の打球を追った後に、
「良い車輪持っているね!」(足が速いね!)と言われました。
AAのときにスーパーバイザーから、
「タケシは、マイナー審判で最高齢だけど、一番足が速いよね。」
といわれたことを思いだしました。
今年は、”自分の持ち味を十分出す”ということを目標に
しているので、とても嬉しかったのでした。

2011年04月17日

夜間車移動

昨日からルイジアナ州ニューオリンズでの4連戦が
始まりました。数年ぶりに、試合後に車で次の都市まで
移動するというスケジュールを経験しました。


テキサス州ラウンド・ロックからニューオリンズまで
約500マイル(800km)です。テキサス州は、
アメリカで2番目に広い州。テキサス州を出るまで
かなり時間がかかりました。しかも、テキサス州では、
夜間に制限速度を下げているので、時速65マイルでしか
走れなかったのです。


そんな関係で、ラウンド・ロックを出発したのが
試合後の10:30頃で、ニューオリンズのホテルに到着
したのが、朝の7時過ぎでした。
幸い時差はなかったので、その点だけはよかったです。


移動日当日は、球審だったので、思いっきりハッスルして、
じっくり睡眠をとろうと思っていましたが、
結局昨晩は、チーフと飲みに出て、朝帰りになってしまいました。
朝方寝て、昼起きるという、
良くない生活パターンになっています。
この土日でしっかり修正したいと思います。

警察沙汰??

先日、試合後にチーフと飲みに行って
朝帰りになったと書きましたが、
その時に、こんなことがありました。


飲んだ後に、お腹がすいて何か食べたくなるのは、
万国共通です。日本であれば、ラーメン、アメリカ
だとグリーシーなタコスやブリトーなどを食べるのです。


あの日は、ホテル隣にある、コンビニへ食べ物を
求めて行きました。ホットドックが通常ならあるのですが、
その時は、売り切れていました。


そこでチーフが、「ホットドックを切らすなんてありえない
、ないなら作ってくれない?」と冗談で店員に言いました。
当然店員は、「できません。」と応えると、チーフは酔って
いたせいか、しつこく「どうしても食べたいから何とかして
くれ。」というと、「そんなに言うなら警察に電話しますよ。」
といわれました。諦めて通りを渡った向かい側の、
24時間営業の地元のレストランに行きました。


カウンターしかない小さな家族経営のレストランだったのですが、
注文をして料理が出来るのを待っていると、
警察の人が店に入ってきました。
なんだかわけがわからないうちに店の外に出されました。
注文をしていたので、「まだ料理がきていないから出ることが
できない。」というと、お巡りさんは、「あなたたちは、
ここで食べることはできない。」と一方的にいわれました。


なんだかわけがわからなかったのですが、
どうやら先ほどのコンビニの店員が、警察に電話した
らしいのです。コンビニ定員を冗談で困らせた
事への罰が、どうやらレストランでの飲食を禁ずる
ことだったようです。


本当に何だか訳が分かりません。異国の地にいるとこんなことも
あるのです。何があっても驚かないで生きていきます。
ある夜な夜な深夜早朝の出来事でした。

2011年04月18日

1か月経過しました!

3月16日に日本を出発して、早1か月が経過しました。
大体このぐらいが経過すると、いろいろ消耗品がなくなって
いきます。そのうち、日本でしか買えないものもあるので、
それらのものを嫁さんに送ってくれるように
お願いする時期でもあります。


僕が、まず頼むものは、プレ・シェーブ・ローションです。
男性の日課である髭をそるのに、電気シェーバーを使用しています。
そのシェーバー使用まえに顔につけるローションです。
これをつけると、皮膚の弱い僕の肌を剃刀負けから守ってくれます。
アメリカにも一応電気シェーバー用プレ・シェーブ・ローションは、
あるのですが、どうも日本のもののほうが僕には合うようです。
ちなみに僕が使っているのは、マンダムのギャッツビー 
プレシェーブジェルQというものです。


それと、定期的に送ってもらっているのが、
味の素のアミノバイタル・プロです。
若くない僕の身体を、10歳は、若返らせてくれている
秘密兵器です。もう日本にいるときから使っています。
飛行機移動が主になっている今、荷物の重量を抑えるために、
少しづつ送ってもらっています。


それと、温泉の素です。1か月が経過し、
すこしづつ疲れが溜まってきているので、
そろそろお風呂が恋しくなってきたところです。
今回のリクエストから入れてもらおうと思っています。


大体このあたりのものが、いつもリクエストしている物です。
これにスペースがあれば、日本のカップ麺や雑誌を入れてもらいます。
来月には、シアトルに行くので、その際は、紀伊国屋書店で、
日本の書籍なども買ってみたいと思っています。

2011年04月19日

もうすぐ西海岸へ!

僕の所属しているPacific Coast League (AAA)
には、16チームもあります。
スケジュールは、基本が4連戦で、5カード(20日)
ごとに休みが入ります。


ニューオリンズでの4連戦が終わると、後2カードで
待望のお休みになります。
なので、我々審判達は、このあたりになるとわくわくしてきます。


数少ない休みです。たった1日の休みでも、
本当にうれしいものなのです。
そして、休み明けからやっと西海岸よりに移動します。


休みあけ(28日)からのスケジュールです。
4月28日~5月1日 Reno
5月2日~5月5日 Sacramento
5月6日~5月9日 Fresno
5月10日~5月13日 Las Vegas
5月14日~5月17日 Reno
5月18日 OFF

このようになっています。明日からは、Omahaで4連戦です。
明日の朝6時30分の飛行機で移動です。
長~い1日になりますが、これもシーズン中生活の一部です。

頑張ります!

2011年04月20日

しまった!!寝坊しました。

今日は、早朝移動の日でした。
ニューオリンズのホテル出発時間は、4時55分でした。


目覚ましを4時にセットして、
深夜1時ごろに床に就きました。


しかし、目覚ましは鳴りませんでした。
チーフからの電話で4時55分に飛び起きました。
とにかく早く出ないとちうことで、
顔も洗わずに着替えて、荷物を詰め込んで、
待っている2人の車に5時5分に着きました。


こんな思いは、2度としたくありません。
しかし、なんで目覚ましが鳴らなかったんだろう??
調べている時間がなかったのですが、
後で思えば、ボリュームのダイヤルがあったので、
ボリュームががゼロであったのかも??


とにかく何も言い訳はできません。
パートナーに迷惑をかけてしまいました。
今後は、携帯のアラームもセットすることにします。
何も責めずにいてくれた2人に感謝します。


ちなみに昨晩は、球審で建山投手を久々に見ました。
あまり調子はよくなかったと思いますが、
しっかりとセーブポイントをあげていました。

2011年04月21日

寒い!

現在は、ネブラスカ州オマハというところで
試合を行っています。
ここは、アメリカのちょうど真ん中ぐらいに位置して
いるのですが、この時期とにかく寒いのです。


一昨日のナイターの時は、華氏35度ぐらいで、
これは、日本で普段使っている摂氏でいうと3℃
ぐらいだそうです。そりゃあ寒いわけです。


そんなことで、日本から持参した数少ない保温素材の
ウエアを着て、手袋もして、塁審をしたのでした。


幸い3人で審判をしているので、動きが結構あり、
そんなに寒さを感じずに済みました。


今日は、11時からのモーニング・ゲームだったのですが、
風があり、ナイターとあまりかわらないぐらいの寒さでした。


アメリカは、広いので、場所によって全然気候が違います。
気候にあわせていくことも、こちらでは大切なことなのです。


ちなみにアリゾナやフロリダでは、もう暑い気候のはずです。


明日は、ナイターで時々雨模様の予報です。
風邪をひかないようにハッスルして球審を頑張って
きたいと思います。

2011年04月23日

英語学習

僕のクルーのクルーチーフ、バリー・ラーセンは、
35歳既婚、2歳になる息子が一人いる、
典型的なアメリカ人の良いお父さんタイプの人間です。


親分肌で、面倒見の良いリーダー向きの性格です。
クルーチーフには持ってこいの審判の一人だと思っています。
そんなバリーは、昨年からインターネットで学習できる
大学の授業をいくつか取っています。


成績も優秀で、いまのところ取得した教科は、
すべてA評価だったそうです。
試合後や試合前にいろんなところで勉強している姿を
よく見ます。


そんなチーフに触発されて、ぼくも英語の勉強を再開しました。
1日1時間~2時間程度ですが、ここ数日は続いています。
毎年、少しづつですが、理解力は増している気はしています。
こんな時だから、やれば急速に力がつくような気がしています。


とにかく、シーズン終了まで続けることを目標に
頑張ってみたいと思います。


こんな夢が僕にはあります。それは、いつか
日本の子供たちに英語を使った野球塾のような場所
を作りたいのです。
野球を楽しみながら、自然と英語が口から出てくるような
そんな場所があったらと思うのです。


この夢のためにも、英語学習をしっかり
やっていきたいと思います。

2011年04月24日

At Memphis, TN - メンフィスにて

早朝6時の便でオマハからメンフィス(テネシー州)
へ移動してきました。前回の失敗(寝坊)があったので、
今回は、すごいプレッシャーの中、3時45分に起床
しました。お蔭で、スムーズに移動が完了し、
午後12時過ぎには、昼寝に入ることができました。


ただし、この昼寝を気持ちよくできたおかげで、
こちらの昼寝から目が覚めたのが、出発時間の
30分前午後の4時30分になってしまいました。
気を付けないといつ寝過ごすかわかりません。


6時からのナイト・ゲームも2時間30分で終わり、
メンフィス・レッドバード(カージナルスAAA)の球場は、
ダウンタウンの真ん中にあり、滞在ホテルも
球場の目の前にあります。

CIMG2892.JPG
■試合後、球場を背にして、ホテルの前にて。


そんなことで、試合後にアメリカ南部では、有数の飲み屋街
ダウンタウン・メンフィスにビールを飲みにクルーで
出かけました。


今日は、ここで、NBAのプレーオフに試合もあったこともあり、
ビール・ストリートという一番の繁華街は、人込みで
溢れていました。


そんな人込みのなか、ストリート・パフォーマンスで、
”アクロバット”を披露する黒人のお兄ちゃんたちに
遭遇しました。

CIMG2902.JPG
■人込みで人垣を作り、その間でパフォーマンスを披露します。


こういうことを人に見せて、お金に換えているんだと
新鮮な感覚を覚えました。
あれだけの人がいれば、一晩に結構稼げるだろうなと
関心したのでした。

CIMG2904.JPG
■結構、レベルの高いパフォーマンスでした。皆が楽しめるパフォーマンス
 でした。

2011年04月25日

Rain- 雨

今朝は、久しぶりに雷で目が覚めました。
ここ数日、アメリカ中南部に、雷、トルネード警報
が出ています。
実際に雨が降ったのは、今日が初めてです。


ここの前にいたオマハやニューオリンズでも
降水確率が70%ぐらいな日があったのですが、
全く雨が降らず、がっかりしていたのですが、
今日は、中止になりそうです。


野球関係者は、雨が好きです。
これは、日米共通です。
あ、チーム関係者は、営業面から雨が嫌いだと
思いますが、監督や選手など現場の人間は、
基本的には雨が好きだと思います。


どうしてでしょうね?
それは、多分、プロ野球のように毎日試合がある
スポーツなので、雨で試合がなくなることで、
身体や精神にわずかですが、休養を与えて
くれるからだと思います。


でも、アメリカでは、試合を雨で流しても
大概は、翌日にダブルヘッダーで試合を消化します。
今回の場合は、明日の予報もよくありません。
もしかしたら、2試合を流して、
その分は、他のクルーに任せるなんて可能性も
あるのです。

2011年04月26日

Morning Game

結局、僕たちのクルーは、
トルネードた台風の影響を受けずに
予定通りメンフィスでの4試合をやりとげ
られそうです。
なんか損した気がします。
雨天中止の恩恵を受けられなかったからです。


それでは、これからここでの最終戦
モーニング・ゲームに行ってきます。

2011年04月28日

長~い1日

今朝8時30分の飛行機で、ネバダ州リノ
へ移動してきました。リノは、ラスベガスに次ぐ
ギャンブルの地として知られています。
時間帯は、西海岸、太平洋時間帯に遂に来ました!


メンフィスは、セントラル・タイムなので、
2時間違います。そして、時間が2時間戻ることに
なります。現在リノ時間で午後8時30分なので、
メンフィスにいたらもう午後10時30分ということに
なります。1日が26時間になったことになります。


リノに午後1時半ごろに着いたのですが、
実は昨日の試合中に、歯の詰め物が取れてしまったので、
今日中に何とか歯医者に行きたかったのです。
すぐにリノでわれわれの持っている保険がきく歯医者を探し、
とりあえず行ってみることにしました。
ホテルから1.5マイルほどのところだったので、
歩いて歯医者へ向かいました。


何とかその歯医者で診てもらえることになり、
持参した詰め物をみせて、4日間しかこの地に
いないということもあり、古い詰め物を
もう一度つけてもらいました。


接着剤でつけてもらっただけなのですが、
保険がきかないらしく、しっかりと$60を請求されました。


3月にアリゾナの歯医者で$630請求されたばかりで、
また$60です。今シーズンは、歯で痛い思いをしています。
でも、初の休みの今日、歯の治療を終えられたことは、
ラッキーだと思わなければいけません。
感謝したいと思います。

IMG-20110427-00202.jpg
■ここReno は、ボーリングの聖地だそうで、ジムに行く途中に
 National Bowling Stadium というところに寄り道しました。
 とてつもなく広~いボーリング場です。毎日、トーナメント
 をやっているようです。


2011年04月29日

長~い1日 #2

歯医者に行った後は、急いでホテルへ戻り、
チーフのバリーとジムに行きました。
こちらでは、各ホームチームが、ビジター球団
と審判用に無料で利用できるジムを用意してくれています。
なので、ほとんどの審判が試合前に利用しています。


僕は、もっぱらランニングマシーンで走ることが多いのですが、
バリーは、よくプールで泳いだり、体育館でバスケット・ボール
をしたりしています。僕は、足が悪かったこともあり、
バスケやラケットボールなどは、遠慮していました。
でも、バリーを見ていると自分もやりたくなってきます。


試合と試合の間に、何か楽しみを見つけて、
それに打ち込むことの大切さを教えられているような
気がします。長いシーズンを乗り切るには、
このような趣味を持つことが必要です。


今シーズンは、何か良い趣味となるスポーツ
を見つけて、余暇に楽しみたいと思っています。


ジムの後は、”うどん”を食べに、"Sushi Lover"という
怪しい食堂へ行きました。中国人のかたが経営している
日本食のお店で、すしがメインでした。
僕は、歯医者の後、我慢できずにバーガーキングで
ワーパーというハンバーガーを食べたので、
サッポロ・ビールの小瓶と枝豆しか注文しませんでした。
バリーは、最近うどんが好きなようです。


こんな感じで初めてのOFFを過ごしたのでした。
あっという間に20試合を経過しました。
このサイクルを後6回ほど繰り返すと、
シーズンも終わります。


充実したシーズンになるように頑張ります。

IMG-20110425-00201.jpg
■先日のメンフィスで、午前中の様子です。結局、この日も試合
 が出来ました。