aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2010年06月 | メイン | 2010年08月 »

2010年07月 アーカイブ

2010年07月04日

Crew Chief の仕事

現在滞在中のシアトル・タコマは、ご存じのように
雨が多いことで有名です。
2日間試合をやりましたが、2日間とも雨が降っていました。
特に昨晩の試合では、45分間ほどの中断があって
試合を終えたのは、午後11時前になっていました。


雨などの場合、中断したり、再開するのは、クルーチーフ
の判断になります。ジム・エバンスを始め、多くのベテラン審判が
雨など天候の判断することがチーフの仕事で
一番難しいと言っていました。
そのぐらい自然が相手のことなので難しい仕事なのです。


昨晩は、バリーに着いて行き、チーフの仕事を学ぶことが出来ました。
やはり、この仕事も”コミュニケーション”をとることが大切なようです。


まず、事前にレーダーなどで、雨雲の動きを知っておくことが大事なようです。
そして、チームのグランド・キーパーと良い関係を持っておくことが必要です。
激しい雨がいつ、どのくらい続くのかという情報をグランド・キーパー
からイニングの合間などに得ておくことが必要です。


この日の試合でも、イニングの合間に数回、チーフとグランド・キーパー
のチーフと話をする姿を目にしました。
そして、彼の言うようにある時間から激しい雨が降り始め、
予測通り、20分ほど降りました。
その情報のお陰で、チーフは、適切なタイミングで試合を止めて、
グランドにターフを引いて、激しい雨でグランドが使用できなくなること
を防ぐことができたのです。


雨が止んだ後、どのぐらいで試合を再開できるかを
グランド・キーパーの意見をもとに決めなければならないのです。
大事なことは、グランド・キーパーを信頼して、
良いコミュニケーションをとることが一番大事なようです。


キーパーが言った通りの時間で準備が整いました。
予定していた時間に再開できました。
審判・チーフのバリーとグランド・キーパー・チーフのブライアン
のファインプレーだと思います。
試合後に、ブライアンが審判ロッカーを訪れて、
バリーと握手していたのが印象的でした。


このように試合の裏舞台でもこのようなドラマが展開されています。
グランド・キーパーの皆さんも、プロであり、」試合の立役者なのです。
そんなアメリカ野球を見たような気がします。

2010年07月06日

独立記念日

昨日、7月4日はアメリカの独立記念日でした。
この日は、各球場に多くのお客さんが家族で観戦に来ます。
僕は、ソルト・レイク・シティでの試合でしたが、
15,000人ぐらいのお客さんでほぼ満員でした。
多くのお客さんの前でやる試合は、やはり良いものです。


その前日のシアトル・タコマでの試合では、
僕が球審で、捕手が捕り損ねた投球が、
僕の右足甲内側を直撃しました。
勿論、痛かったのですが、それよりも心配だったのが、
右足に”持病”を持っているので、そのことへの心配が先にきました。


幸い、持病への影響はなさそうですが、
濃い色のアザがくっきりと出ています。
野球の硬球ボールは、やはり硬いものです。
選手たちが自打球を当てたり、デッド・ボールになると痛いのは
当りまえです。


このようなことは仕事の一部なので、
うまく対処していくことが大切なんだなぁと今更ながら
再認識させられました。

CIMG2785.JPG
■こんな具合です。実際の痛みより、自分の足を見て、視覚から痛みが出そうです。


2010年07月08日

バケーション・アンパイア#3

今現在、ソルト・レイク・シティでは、
今シーズン3人目もバケーション・アンパイア
エンジェル・カンポスと一緒に仕事をさせてもらっています。
彼は、UDC藤原君と審判学校で一緒だったり、
UDC内川君ともカリフォルニア・リーグの優勝決定戦を
審判したりと、すごく日本人と接点がある審判です。


エンジェルが1塁塁審、僕が2塁塁審であった試合では、
毎イニングの合間に僕のところに来て、細かいアドバイスを
してくれました。彼の両親はメキシコ人なので、
なんとなく”マイノリティー同士”の親近感を持ってくれています。


本当に細部にわたって、最新のメジャーリーグ4人制の
各プレーに対するポジショニングを教えてもらいました。
これらのことを実践で使いこなせるように、
今日から頑張っていきたいと思います。


昨年彼は、130試合以上のメジャーリーグ試合を裁きました。
来シーズンは、数人のスポットが空くと噂されています。
是非、メジャーリーグ審判に正式採用になって欲しいと願っています。
彼から教えられた事については、少しずつ披露していきますので
お楽しみに!

2010年07月09日

メジャーの試合では??

今日は、4日に一度の移動日です。
デンバー空港で飛行機の乗り継ぎ時間に書いています。
これから、アイオワ州デモインに向かいます。


エンジェルと3試合一緒に仕事をさせてもらって感じたことは、
やはり、メジャーでの仕事は、1球、1プレーに勝負がかって
いて、いかに集中力を維持して仕事をしていくかということです。


塁審の時にポジショニングなどは、
プレーが起きる前にいかにいろんな状況を予測できるかが
勝負なようです。投手が投球し終えて、捕手が投手に返球
した後、投手がサインを見るころまでに、いろいろなシュミレーション
をしなければなりません。


そして、何よりもメジャーリーグでのプレーは、
”スピード”が格段に違うと言っていました。
そんなスピードに対応する為には、いかに予測が
早く出来るかということにかかっているのです。


メジャーで仕事をしている審判に会うたびに、
メジャーでの仕事に厳しさを学べると同時に、
わくわくするような楽しみも同時に聞くことができて、
本当に価値のある経験になっています。
これらの事を、しっかりと自分の仕事に生かしていきたいと思います。

CIMG2789.JPG
■エンジェルとの写真をユニフォーム姿でと思っていたのですが、
 忘れてしまい、球場を去るときに慌てて撮った1枚です。

2010年07月10日

こんなプレー、あんなプレー

今日の試合を含めて、後2試合で、
念願のオールスター・ブレークです。
3日間の休みです。


今年は、フロリダ州オーランドの友人を訪ねて、
そこで過ごすつもりです。
ルーキー・リーグを過ごした、真夏のフロリダ。
めちゃめちゃ蒸し暑いところです。
懐かしいフロリダでエネルギーを充電してきたいと思います。


さて、今月に入ってこんなプレーがありました。
キャッチャーが、マスクで後逸した投球をすくいました。
さて、走者にはいくつの進塁を与えるのでしょうか?
アメリカでは、こんなことが良く起こります。


バケーション・アンパイアのマイク・ムリンスキー審判は、
こんなことがメジャーの試合であったそうです。
打者が打ったフェアの打球を投手が弾いて、捕手のほうへ転がって
きました。このボールを捕手が、マスクですくいました。
この場合は、走者にはいくつ進塁を与えれば良いのでしょうか?


上記2つの答えは、投球を捕手が本来身につけている個所から
外して、それで投球をすくったので、1つの進塁を走者に
与えます。2番目のほうは、少しトリッキーですが、
弾いた打球も、まだ打球なので、その打球を捕手が
マスクですくったので、3つの進塁を走者に与えます。
それと間違えやすいのは、いずれも”ボール・インプレー”での処理
になることです。与えられた塁より先の塁にも、アウトを覚悟で
進塁することもできるのです。


投球をマスクですくったプレーは、実際に僕たちの試合で起こりました。
事前にマイクから上記の出来事のことを聞いていたので、
簡単に処理することができました。
他の審判が経験したことを聞く事も、自分たちの経験になるという
良い例だったと思います。いかに多くのケースを事前に知っておくか、
ということがとても大事なことなのです。

2010年07月16日

オールスターブレイク

3日間のオールスター・ブレイクが終わり、
今日から始まる後半戦のスタート地、ナッシュビル
に滞在しています。


あっという間のオールスター休み。
何か忙しかったけど、やはりリフレッシュできました。


3日間全米ナンバー1ゴルフ専門チャンネル、ゴルフ・チャンネル
にお勤めの桜田さんに本当にお世話になりっぱなしでした。
本当にありがとうございました。


フロリダ州、オーランドという土地は、
僕が、2003年に審判学校から再スタートをした地であり、
2005年から第2のプロ野球審判生活をスタートさせた地であります。
(ルーキーリーグ ガルフ・コースト・リーグ)
何か、”聖地”のようなところです。
とても懐かしかったです。


休みの様子は、今後のブログで紹介していきます。
ご期待ください。
しかし、あの異常なぐらいの蒸し暑さは健在でした。
後半戦に向けて良い薬になりました。
頑張ります!

CIMG2794.JPG
■ゴルフ中に1枚。この写真からも暑さを感じることができるでしょ??

2010年07月19日

プレーの読みー基本

AAAに上がってから常にメジャーでのシステム4人制を
意識して試合に臨んでいます。


ただ、2人制や3人制をやることによって得られる、
プレーを読む、予測する能力の大切さを最近感じています。


4人制を意識したポジショニングも勿論大切な事ですが、
やはり、そのポジショニングが上手く出来るためには、
このプレーを読んだり、予測したりすることに優れていないと、
機能しないものです。


3人制でやっていても、随所にどちらの塁でプレーが起こるかなど、
素早い判断を求められることがあります。
スピードが速いメジャーのゲームでは、もっと素早い判断が求められるでしょう。


審判をするうえで、”基本中の基本”であるプレーを読むこと、
もっと大切にしていきたいと思います。

2010年07月21日

残り50試合を切りました!

更新が滞ってしまいまして申し訳ありません。
数日前に一度更新を試みたのですが、
書き終えて、保存ボタンを押した瞬間に文章が
どこかへ消えてしまいました。
ショックで書き直しできませんでした。


ナッシュビルでの4連戦を終えて、
現在は、アイオワ州デモインにいます。
ナッシュビルでは、MLBのスーパーバイザーになった
チャック・メリウェザーが僕たち試合を見に来ていました。


彼は、去年からひざの故障でDL入りしていて、
そのまま復帰のめどが立たない為、引退するようです。
今年も、実際には、DL入りしているアンパイアの1人のようですが、
これは、引退後の退職金などの関係で便宜上のようです。
そんなことで、僕たちの試合を見て、いろいろなアドバイスをもらいました。


本人も言っていましたが、「僕は、良いことしかいわないから」。と
ほとんど良かったことだけ言っていきました。
アメリカには、このような人の育て方が多いことを
感じます。このレベルの審判は、悪いところは、自分でもわかっているはずです。
良いところを褒めてもっと大きな審判になることを望んでいるのです。


このような講評を受けると、本当に自信になります。
デモインでも別のスーパーバイザーが来るという噂です。
この自信を胸に自分の出来る仕事が100%出来るように頑張ります。


ちなみに、デモインでの4日間、次のオマハの4日間、
計8日間で11試合のスケジュールになっています。
しんどい8日間を楽しんで乗り切れるように頑張ります。

2010年07月22日

抗議への対処

ここ数試合で、何度か抗議を受けました。
その際の対処の仕方で苦労しています。


何を苦労しているかというと、
やはり”野球観”の違いのような感覚的なところなのです。


数日前の試合で、オマハ・ロイヤルズの監督が抗議に来ました。
走者1塁でダブル・プレーの1塁のアウトの判定にです。
試合は7対1でオマハが負けていました。
そんなに大事な場面でもありません。
僕には、なぜ抗議に出てきたのかもよくわかりませんでした。


監督は、通常よりなぜか距離を置いて話をしてきました。
(3メートルほど。)僕は、近づかずにそのまま抗議を受けて、
監督とやりとりしました。


僕は、距離があるほうが近づいてくるよりやりとりしやすいと
判断したからです。それと、自分から近づいていくことはしたくなかった
からです。


試合後にクルー・チーフのバリーから、
「監督が距離を置いて話をしてきたら、近くまで来ないと話を聞かないと
警告し、それでもこないようであれば、退場させるべきだよ。」
バリーは、監督が自分を試していたと感じたようです。


アメリカに渡って6シーズン目。それでも、まだまだ感覚的に
理解できないことが山ほどあります。
この溝を埋めていけないとメジャーではやっていけないでしょう。
とてつもなく大きな課題があることを思い知らされたような気がします。


これからが勝負です。頑張ります!


2010年07月23日

昨晩の試合には、MLBスーパーバイザーの
ラリー・ヤングが来ていました。
その前のシリーズには、チャック・メリウェザーが来ていたので
2シリーズ続けての査定になりました。


査定官が来ているときだけ一生懸命やっているわけでは
ありませんが、やはり普段とは違う緊張感があるなかでの
仕事は、かなり疲労の度合いが違います。
昨日の試合後は、ラリーが食事に連れて行ってくれたこともありますが、
ホテルの部屋に戻ると、すぐにベッドの上で寝てしまいました。


頑張りました。良い印象を与えることが出来たと思います。
心地の良い充実感があります。
今日からの試合では、彼らに指摘されたことは勿論意識して、
よりリラックスして試合を楽しみたいと思います。


さて、今シーズン使っている僕もアドバイスをさせていただいて出来上がった
プロテクターとレガースをセットで割引して販売させていただきたいと思って
います。正直にすごく使い心地が良く、身体を守るプロテクションの面でも
自信を持ってお勧めできます。是非一度お試しください!

CIMG2802.JPG
■プロテクターとレガースを着けたところ。最高のプロテクターとレガースをあなたにも!

UDCより期間限定で割引販売させていただきます。

2010年07月26日

Back to back Plate Job!

今日日曜日は、昨日に引き続き、
ダブルヘッダーでした。
2日間で4試合こなしたことになります。


ということは、3人で4試合するということは、
誰か1人が球審を2日続けてやることになります。
そんな貧乏くじが最年長の僕に回ってきました。


何年ぶりでしょう。2日続けての球審。
しかも今日は、延長9回までいきました。
(マイナーリーグでは、7回戦2試合のダブルヘッダーが基本です。)
さすがに夏の連チャンは厳しいものがあります。


でも、ラッキーなことに、月曜日の試合が終わると、
4日間の”パーソナル・ディ”とよばれている休暇がもらえます。
AAAのリーグは、年間144試合あり、
他のレベルよりも4試合多くあります。
その分を休ませてくれるのが、
このパシフィック・コースト・リーグなのです。


昨年、所属のインターナショナル・リーグには、
なかった制度です。
ブランチ・リッキー会長に感謝です。
次のシリーズ後に行く、タコマで4日間の休日を過ごします。


オフにやるべき仕事のためのビジネス・プランを立てようと
思っています。ダウンタウン・シアトルにも行こうと思っています。
充実した休みにしようと思います。
皆さんにもちゃんと報告できるように頑張りますね!

2010年07月29日

ショック! 更新できません。

先程、Parsonal Days -休暇というブログを書いて、
確認ボタンを押したとたんに、どこかへ消えてしまいました。
凄いショックで今日はもう一度書く気にはなれません。


なかなか良い出来で、写真も3枚添付したのに・・・。
悲しいです。

ということで今日はこれだけになってしまいました。

CIMG2804.JPG
■シアトルのシンボル、”スペース・ニードル”。

2010年07月30日

Personal Days ー 休暇

休暇3日目の本日は、またもやシアトルのダウンタウンへ
行ってきました。


今回は、海沿いをぶらぶらしてみました。
シーフード・レストランがたくさんあります。
中でも、僕の大好きなチャウダーで有名な、
"Ivar's" というところに行ってみたかったのでした。
すぐに見つかったので、ちょうど昼時だったので、
ここで昼食を取りました。

CIMG2818.JPG
■Ivar's のチャウダーです。これで$6です。

CIMG2819.JPG
■Ivar's の看板です。

ちなみにチャウダーとフィッシュ&チップス、アイスティーで
約$20でした。おいしかったですが、安くは、ありません。


その後、ぶらぶらと散歩していると、
こんな看板を見つけました。
”居酒屋”さんです。シアトルぐらいの都市になるとこのようなお店も
あるんですね!機会があったら行ってみたいです。

CIMG2822.JPG
■メニューを見ましたが、日本の居酒屋さんのようなメニューでした。
 アメリカ人にも気に入られるのでしょうか?


スペース・ニードルも行ってみました。
上まで登るのに$18ということだったので、
こちらは、断念しました。
まわりには、小さな遊園地や博物館などがあり、
家族で来るには良いところです。
次は、家族と一緒に訪れたいです。

CIMG2825.JPG
■スペース・ニードルのすぐ脇に併設されている"Pacific Science Center"
 (太平洋科学センター)なかなかおもしろそうなところでした。


ちなみにスペース・ニードルの近くで、
カイロ・プラクティッックの治療院を見つけたので飛び込みで行ってみました。
1か月ほど前から、寝違え、首・肩痛に悩まされていました。
なんか不思議な拳銃のようなマシーンで、患部に刺激を与え、
首、肩、背中などを”ポキッ”と調整してくれました。
だいぶ楽になったような気がしますが、これで$85でした。
初回で初診料があったとしても、やはりアメリカの医療費は高いです。


こんな感じで、あっという間に1日が終わってしまいました。
休暇も明日1日です。十分楽しみたいと思います。
明日は、ラーメンを探索しにいきたいと思っています。

2010年07月31日

休暇最終日

休暇の最終日は、シアトルのダウンタウンに
ラーメンを食べに行きました。


UWAJIMAYAというとても大きな
日系アジアン・スーパーマーケットがあり、
その周りに多くのアジア系料理店が並んでいました。


僕が、行くようなAAAの都市には、
このような大きな日系スーパーがありません。
本当に品揃えが多く、カルチャー・ショックを受けました。
こんなお店が近くにあったら住むことができます。
そんなことを感じさせるエリアでした。


ラーメンは、SAMURAI NOODLES というお店に行きました。
うろうろとラーメン店を探していたら、見つけたのですが、
最初見たときには、お客さんが外で待っていました。
いったんパスして、他を探していたのですが、
良さそうなお店が見つからず、
再びSAMURAI NOODLESにたどりつき、
もうお客さんが待っていませんでした。


醤油とんこつラーメンとライス・カップというセット・メニューを
注文しました。
小ぶりなラーメンでしたが、しっかりとしたとんこつ出汁の味が効いていて
おいしかったです。ライス・カップは、小さなどんぶりもので、
味が選べるのですが、僕は、明太子味にしました。
こちらはご飯がたっぷりでボリュームがありました。


大きな都市に行けばいくほど、日本のものが手に入りやすくなります。
UWAJIMAYAの中には、KINOKUNIYAという本屋さんも入っていて、
日本の書籍、雑誌も手に入ります。


メジャーリーグのほとんどの都市は、きっとこんな感じだと思います。
早く、このような都市に滞在できるように、
明日から又頑張りたいと思います。


*ちなみに、カメラを持って出るのを忘れたので、写真はありません。
 せっかくのラーメンの写真を載せたかったのですが・・・。
 申し訳ありません。

Calendar

2011年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー