« 飛行機移動(東→西) | メイン | That's a Balk!! »

Situations (いろいろな状況)

先日の試合で、球審であったブライアンが
両チームに警告を入れました。
次に、故意に打者を狙って投手が投球したと、
審判が判断した場合、その投手とチームの監督を
退場にしますよという警告です。


このような状況でした。
ホームチームの4番打者がとても大きなホームランを
打ちました。そのあとの打者が2ストライクになった後の投球が
打者の胸に当たるデッド・ボールになりました。


数回後、今度はビジティング・チームの打者の背中に
当るデッド・ボールをホーム・チームの投手が投げました。
ここで、ブライアンが警告を入れました。


キーは、ホームラン後すぐ次打者の上部に
デッド・ボールを当てたことです。
僕には、理解できませんが、アメリカでは、
ホームランを打たれた直後に、
投手が故意に打者にぶつける投球をします。
こうなると、当てられた法のチーム投手が、
報復を仕掛けてくる可能性が極めて高くなります。
審判として注意をしなければなりません。


今回の場合は、数回後にこの報復投球がありました。
(審判がそう思っているだけかもしれませんが・・・。)
でもアメリカでは、このような状況では、
報復とみられても仕方がない状況なようです。


この辺の感覚が僕には理解が難しいところです。
AAAで審判をするようになってから感じることは、
ストライク・ボール、アウト・セーフなどの判定することよりも、
このような状況判断をすることの重要性を痛感しています。
まだまだ、毎日が勉強です。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー