« 英語学習の成果 | メイン | メジャー流、1塁フォース・プレーの見方 »

メジャー審判

昨日は、ケンタッキー州ルイビルでの試合後に、
オハイオ州コロンバスまで移動する日でした。
コロンバスに移動する途中に、
オハイオ州シンシナティがあります。
ちょうど、メジャーの試合もここで行われていたので、
RJのAAAで最初のクルーチーフであった
James Hoye 審判と夜の12時に会っていろいろな話を
聞くことができました。


彼は、まだ正式なメジャー審判ではなく、
所属は僕たちと一緒でAAA審判ということなのですが、
もうここ数年は、マイナーの試合には全く出場していない、
いわば、一番メジャーに近いマイナー審判です。


正式なメジャー審判ではないので、
実質、年間では一番多くの試合に出場しているのです。
メジャー審判には、年間5回もの1週間の休暇が
あるのですが、マイナー審判には、
それがなく、ほぼ全試合に出場しています。
アメリカのプロ野球審判の中で、
一番多くの試合を裁いているのが彼らなのです。


彼の話では、今シーズン限りで、
3人の審判が引退し、組合としては、新たに
4人の審判を正式に雇ってもらうように交渉しているそうです。
なので、Jamesにとっても来年は、
正式にメジャー審判に登用されるビッグ・チャンスになるのです。


そして、そうなるとそこで残念ながら採用されなかった
長い間、マイナー審判としてメジャーの試合に
出場していた審判が、解雇されるということにもなるのです。
したがって、そうなると来期には、新たに
マイナー審判でメジャー試合に出場できる審判枠が、
結構できるということになります。


ただ、厳しい現実の話もしてくれました。
そのような立場の審判は、メジャーの試合に出場するたびに、
もしそこで何か問題を起こせば、
それが命取りになるそうです。
数人の例を挙げて、たった一度の失敗で、
審判人生を終わらせなければならなくなったことが、
今までに何度もあったそうです。
メジャーで試してもらえることは、
本当に素晴らしい機会なのですが、
そこは、生きるか死ぬかの厳しい世界であるということを
思い知らされました。


僕は、プロの世界というのは、
そのぐらい厳しいところでるべきだと思っていたので、
早く、そのような場所で勝負したいという気持ちが
強くなったのでした。
やるしかありません。頑張ります。

CIMG2489.JPG
■James Hoye 審判と。僕も良い顔しているでしょ?

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー