« カウントダウン! | メイン | Bench Clear (両軍ベンチ総出) »

リミング

今シーズン、AAAに上がって一番今までと違った
アンパイア・システムであったと感じたのが、
この”リミング”というシステムだったと思います。


”リミング”とは、1塁塁審が、打者走者の2塁でのプレーを
見る際に、通常は、内野内に切り込んで内野内で2塁でのプレーを
見ていたのですが、内野内に入らずに、1、2塁線の外側を移動し、
2塁でのプレーを内野内ではなく、外野側で見るテクニック
のことを言います。


3人制でこのテクニックを使うには、より多くの状況判断が必要に
なります。必ず、次のプレーに対して、誰かがしっかりと準備が出来て
いないと、このテクニックは使えません。なので、他審判の
動きをしっかりと把握していないと、使えないテクニックなのです。


どんな状況であっても条件が合えば使っても良いテクニックです。
ここが、とても難しいところなのです。
条件は、
・3塁塁審が、打球を見る為に"goes out"していないこと。
・送球が、左翼手定位置よりラインよりから来ること。
です。


3塁塁審の動き方をしっかりと読まないと動けないということになります。
3塁線を鋭く抜ける打球などは、転がる方向によって、
3塁塁審が、goes out するのかしないのか、その打球によって違ってきます。
それを判断した上で、動かなければならないのです。


3ヶ月半、AAAで審判をしてみて、このような”相手の動きを読む”
という事の大事さを一番感じました。これは、良いポジショニング
を取る為の、一番大切な基礎になるということがよくわかりました。


今日の試合で、やっとスムーズにリミングが出来たような気がします。
簡単なようで奥が深い”リミング”。
4人制審判をするための大切な財産になることは間違いありません。

■カウントダウン 残り試合26試合(球審9試合)

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー