« 継続できる英語学習教材 | メイン | 8月! »

走塁妨害ーオブストラクション

皆さん、こんにちは!お陰様で、足の状態は良いので、
この状態のうちにスーパーバイザーが見に来てくれないかと
祈る今日この頃です。本当にラストスパート、頑張ります。

たまには、ブログでルールの話をしたいと思います。
数試合前に実際に起こったプレーです。

走者1塁で1アウト。打者がライト前にゴロのヒットを打ちました。
走者は、2塁を回って3塁を狙うところでした。
何を思ったか、ショートが2塁ベース付近にいて、
走者と少し接触があり、僕は、すかさずポイントして、
”That's Obstruction!"と宣告しました。

結局、ライトは3塁に送球できなかったので、
1塁走者は悠々と3塁に達しました。
そこで、先ほど走者を邪魔したショートが、
”ベースを踏んでない!”とアピールしました。

僕には、ベースを触れて行ったように見えたので、
”セーフ”をコールしてアピールを認めませんでしたが、
ここで思いました。

もし、ベースに触れていなかったとしたらどう処置すればいいのだろう?
ショートがベース付近にいて、走塁を邪魔したために、
ベースに付けなかった場合にも、アピールを認めてアウトにするのだろうか?
試合中ずっと考えていました。

さて、皆さんだったどうしますか。
ご意見をコメントにお寄せ下さい。
調べて、答えがわかったらブログ上でご報告いたします。

試合中にはこのような事が突然起こります。
そのようなときに瞬時に判断するのが審判の仕事です。
日々、勉強です。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー