« こんな事もよく起こります。 | メイン | シーズン中間査定表 »

視界を妨げる走塁妨害??

こんな事がありました。昨日の僕が球審の試合です。

1死走者1,3塁でライトに浅い犠牲フライが上がりました。
3塁走者は、点差があったのもあり、
無理してタッグアップしてきました。

案の定、本塁でアウトになりました。
アウトになった走者が、何やら怒っていました。
それも、僕のアウトの判定にはなくてです。

「あんなところに立っていることは、できないだろう!」
と内野内にいたジャスティン塁審に抗議に向かいました。
走者は、3塁手が、打球と走者のちょうど間に立っていて、
野手が捕球するところが見えなかったようです。
確かに、野手が捕球する瞬間にスタートを切るので、
それが見えなければ、たぶんスタートが少し遅れるかもしれません。
(早くなることのほうが実際には多いと思いますが・・・。)
なので、走者は、”走塁妨害”と言いたかったのです。

ジャスティンは、当然、内野内にいたので、
見ることができません。
タッグアップは、僕(球審)の責任分担になっているので、
勿論、それは見ていました。

しかし、僕も本塁でのプレーがある為、
あまり3塁のほうへ行くことができません。
当然、3塁手の行動まで見ることができませんでした。

ジャスティンのところに行った監督が、
今度は、僕のところに来ました。
「あれは、走塁妨害を取るべきだ。何年か前の
ワールドシリーズで、メジャー審判が走塁妨害を宣告
した。」とい言ってきたので、
「それは、僕も知っているけど、3人制の場合、
僕は、本塁付近とにいたのでそこまで見ることが
できないです。」と正直に言うと、
「それは、わかっているから、もし3塁に審判がいるときは、
ちゃんと宣告してくれ。」と言ってかえっていきました。

本当に最近は、いろいろなことが起こります。
MLBの審判に確認すると、
これは、やはりルールというより、
マナーの問題で、あからさまに、手を挙げて、
その手をクロスしたりして、視界を妨げる動作をした場合
は、宣告できるが、ただ立っていただけでは、
宣告は出来ないということでした。

日々勉強です。
そんなところですかね。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー