« ルイスビル・スラッガー | メイン | A Gun(拳銃) »

ナックルボーラー

27日の試合は、キッズ・デーで午前11時開始の試合でした。
なぜか、このようなデーゲームでは、僕が球審をすることが
多いのです。基本的にデーゲームは、試合後に時間があり、
休み気分が味わえるので、大好きです。

今日の試合では、ナックルボールを主に投げてくる、
昨年のリーグ最優秀投手でもある、
レッドソックス傘下AAAのCharlie Zinkという投手が先発
でした。

7イニングを投げたのですが、失点はゼロで、
打者達は、全く打てない様子でした。
あらためてナックルボールの威力を実感しました。

彼の投球を見て思ったのですが、
まずコントロールが良いというのが絶対条件です。
試合中何度か、ナックルボールのコントロールが
少し乱れたことがあったのですが、
そんな時でも、あまり速くない真っすぐで、
ストライクを確実に取れるので、
フォアボールをあまり出しません。
コントロールが良いことが絶対条件のようです。

しかし、なかなかバットの芯に当たらないものです。
おもしろいように空振りをします。
そして、芯に当てても打球が飛ばないということが
よくわかりました。

もっとナックルボールを投げる投手がいても良いのにと思いました。
きっとそれだけ投げるのが難しいのですね。
Zink投手は、MLBレッドソックスにナックルボールで有名な
Tim Wakefield投手がいるので、なかなかメジャーで活躍できないようです。
彼なら、きっと日本球界で大活躍するだろうと思いました。
日本球界の皆さん、彼を使ってみてはどうでしょう?

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー