« MLBからの連絡事項 | メイン | アメリカ独立革命 »

ステーキ・ディナー

”ステーキ・ディナー”、この言葉の響きは、
もう数年聞いたことがありませんでした。
そんな言葉をこの2日間で、
嫌というほど聞きました。

マイナーリーグ審判には、
”ステーキ・ディナー”という習慣があり、
以前にも何度かブログで紹介しました。
以下のような偉業を成し遂げると、
球審であった者が、塁審からステーキ・ディナーを
ご馳走されるという、習慣です。

①2時間未満の試合時間(1時間59分より短い試合時間)
②1イニングを投球数3球で終える。
③試合前に、試合球をマウンド付近に球審が投げるのですが、
そのボールが投手板上に乗せることができた場合

この3つに当てはまった場合に塁審であった者が、
ステーキをご馳走しなければならないのです。
いつもステーキばかり食べていられる身分でない
我々は、このような時だけステーキを食べられるので、
塁審であった者も、やはり嬉しいのです。

そんな偉業が2日間連続で起こりました。
2試合とも2時間以内の試合でした。(1:59、1:56)
僕は、2日間とも塁審でしたが・・・。
近いうちに、先輩2人にステーキをご馳走しなければ
なりません。
しかし、こんなことが2日も続くなんて、
まぁこれから先は、ないでしょう。
何で、このような経験ができたということで
良しとしましょう!

でも出費は痛いです・・・。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー