« オハイオ州立大学 | メイン | MLBからの連絡事項 »

クルーチーフ

移動日だったので、朝7時30分にホテルに到着し、
仮眠を5時間ほどして球場に出かけました。
相変わらず移動は楽ではありません。

試合では、ホームチームの投手が3回にいきなり
崩れて、6点を失いました。
そしてそのすぐ後のホームチームの攻撃では、
すぐさま反撃のチャンスが訪れました。
1アウト走者2,3塁で、センターに抜けそうな
鋭い打球が打たれました。
この打球をショートがダイビングして捕って、
すぐに1塁へ送球してきました。
とても際どいタイミングでありましたが、
1塁塁審であった僕は、”アウト!”と自信を持ってコール
しました。
少しの間があってから、3塁ベースコーチである、
ホームチームの監督が抗議にやってきました。
まあ、投手が打たれて、その後にチャンスであったため、
抗議に来ることは理解できる場面です。

そしてその次のビジターの攻撃で、
1塁手の横に打球が飛び、
2塁手が捕って、1塁へ送球したのですが、
投手のカバーが一瞬遅れて、
際どいタイミングで”セーフ”をコールしました。
再度、ホームチームに不利な判定をしたため、
ホームチーム監督が、ベンチの一番バックネット側から
文句を言うために1塁ベース側に移動してきた時に、
クルーチーフのRJが、ベンチに向かって、
手をたたきながら、「Good call, Tak! Great Call!」と、
大声で監督に叫んでいました。
それに応じて何か一言チーフに言葉を返し、
それ以上何も言わずに、もといた場所に戻りました。

これは、クルーチーフのゲーム・コントロールにひとつなのです。
多分、あそこでチーフが何もしなかったら、
監督が出てきて、退場になっていたでしょう。
チーフの行動で、感情的になっていた監督を冷静にさせたのです。

チーフの仕事は、奥が深いのです。
そして、やり方は、人それぞれです。
そんな事を考えさせられた今日の試合でした。
AAAのクルーチーフは、やはり凄いです。
メジャーのチーフは、きっともっと凄いんでしょう。
はやく、そこでもやってみたいものです。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー