« アメリカでの生活#3 | メイン | 大家投手登板 »

査定 by MLB

3Aに昇格して4試合目にして、早くもMLBのスーパーバイザー
が査定しにきました。球場に着くと、すでにラリー・ヤングさんが、
我々を待ち構えていました。話には、聞いていましたが、
こんなに早く来てくれるとは本当に驚きました。

とても嬉しいことであり、良いチャンスなのですが、
現在、僕の数年前から抱えている、踵痛(足底筋膜炎)が、
1週間前ぐらいから再発し、とても悪い状態であったのです。
オフにスポーツ整形外科の先生に診てもらい、
注射を打ってもらってからとても順調に痛みが出なかった
のですが、昇格する少し前の試合ぐらいから少し痛みが出始めていて、
だんだん痛みが増してきたところです。

そして、今日の試合では、最悪の状態になってしまいました。
1塁塁審を担当していたのですが、1回表先頭打者が左中間
に長打コースの打球を打ちました。
この場合僕は、打者走者の先を行き、
2塁あるいは3塁でのプレーに備えます。
この動きのときに、”ズキン!”と痛みが発症しました。
今までにない痛みです。もう普通には走ったり、
歩いたり出来ない状態になりました。
市販の痛み止めは、飲んでいたのですが、
もう駄目です。イニングの合間にチーフのRJに相談し、
チーム・トレーナーにモルヒネなどの強い鎮痛剤を
もらいにベンチへ行きましたが、あいにく現場には、
持ち合わせがなかったのです。
ただ、チーム・ドクターがちょうどいたので、
試合後に診てもらえるということでした。

本当に、”苦しい”試合でした。
びっこを引きながらしか走れなかったので、
選手達からも”大丈夫?”と心配されるありさまでした。
本当に情けなかったです。
不幸中の幸いで、1塁での際どいプレー2つは、
見事に裁くことができました。

試合後にドクターに診てもらい、トレーナーにテーピング
をしてもらい、明日試合前に強い痛み止めを
持ってきてくれるそうです。
明日は、球審なので、少しでも良い状態で臨みたいところです。

その後、球場近くのスポーツバーでラリーと食事をしました。
どうやら、彼の言葉からすると、メジャーで通用する”才能”を
見極めているようなので、あまりマイナスにはならなかったと思います。
(そう思っているのは自分だけかも知れませんが・・。)
とにかく、明日は、もう少し思い切って審判ができるように
なって欲しいものです。

初の”メジャー査定”は、散々でした。
でも良い経験にしたいものです。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー