aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2009年03月 | メイン | 2009年05月 »

2009年04月 アーカイブ

2009年04月01日

PBUC ミーティング

昨日は、アリゾナでスプリング・トレーニングに参加しているマイナー審判
が全員集まり、シーズンを迎えるにあたっての諸注意やルールの改正などの確認、
そしてミニ・クリニックも行われました。

クリニックは、AA以上、A以下の2グループに分けて行われ、
我々AA以上の審判は、3人制におけるポジショニングの確認を
しました。内容には、昨年秋のアリゾナ・フォール・リーグで、
MLB審判スーパーバイザーが、将来のMLB審判候補達に教えた、
最新の内容も含まれていました。

内容については、また今後紹介していきますので、
ブログをチェックしてください。

それにしても、審判をするということは奥が深いということを、
感じさせられる1日でした。
今日から新たな気持ちで頑張ります!

CIMG2205.JPG
■アリゾナの美しい風景#2


2009年04月02日

午前様

一昨日は、パーティー、昨晩は、ボーリング大会と、
行事が続き、少しバテ気味です。
寝るのが毎日(朝に限りなく近い)午前様です。
仲間とコミュニケーションできて、楽しいし、英語の勉強になるので、
とても良いことなのですが、続くと少ししんどいです。
今日は、ゆっくりしたいと思います。

我々が、毎日通っているカブス・マイナーキャンプに、
田口壮選手(元オリックス)が来ているという噂を聞きました。
ここには、門倉健投手もいます。
もしかしたら、日本人が3人も同じフィールドに立つ日が
近いのかもしれません。

そんな事を期待しながら、
今日も仕事に行ってきます!

CIMG2185.JPG
■オープン戦ですが、ちゃんとイニングの間のイベントはやっています。
 ミルウォーキーでいつも行われている”ソーセージ・レース”がアリゾナでもやっていました。

2009年04月03日

自己管理

同じキャンプのジミーが、何か食べ物にあたって
吐き気と下痢がひどく、昨日は試合を休みました。

皆、毎晩遅くまで遊んでいるので、
疲れている体になっていたから食当たりを起こしたのでしょう。
僕も含めて、他のメンバーも気をつけないといけないと思います。

審判の仕事で大切な事は、体調の自己管理。
どこの世界でも”誘惑”はたくさんあります。
誘惑に負けて、一時の快楽を得ることは簡単です。
先を見て、我慢することはとても難しいことなのです。
それをできるかどうかが自分の成長に繋がります。

6人のキャンプ参加メンバーは、皆僕より一回り以上年下です。
そんな若い彼らのパワーを見ていて、
こんな事を思うようになったのは、やはり年のせいなのでしょうか?

ちなみに先日お邪魔した、
メジャー審判候補達の借りているお家では、
庭でゴルフの打ちっぱなしが出来ました。
夜間では、闇に向かって打つので、
どのくらいの距離を飛ばしたかわかりませんが、
練習するには十分だと思います。
日本と違う住宅事情を感じたのでした。

CIMG2180.JPG
■ダウンタウンにある”クラブ”。このような誘惑がたくさんあります。

2009年04月04日

突然の解雇

つい先日まで同じフィールドでメジャーを目指していた
日本人選手、門倉健投手が4月1日付で解雇を通告されたようです。
2,3日顔をみないなぁ~と思っていたのですが、
こんなことになっているとは・・。

マイナーに来てからも、とても元気そうで、
若い選手たちと打ち解けて頑張っていました。
彼の投球を塁審から1度見ましたが、
コントロールが良く、味方のエラーで1点失いましたが、
上出来だったと思います。
考えてみると、あれがカブスでの最後の登板だったんですね。
本当に寂しく思います。

毎度のことながら、一緒にやっている仲間が、
突然フィールドからいなくなる光景には、
いろいろと考えさせられます。
これが、アメリカ野球の厳しい現実なのです。

彼は現在別の数球団と交渉しているようです。
きっといつかどこかの球団のメジャーの試合で、
イチロー選手や松井選手と対戦していることでしょう。
そして、そこでは僕がジャッジ出来たら最高ですよね。

門倉投手、お互いに頑張りましょう!

2009年04月05日

スプリング・トレーニング終了

明日のカブスチーム内での紅白戦(AAA対AA、ハイA対ローA)で、
スプリング・トレーニングでの試合は、全て終了します。
クルーチーフのタイラー(ファニマン・3A)は、自宅のあるシカゴ周辺が
雪の為、帰れなくなる恐れがあるので、今朝帰りました。
今日から2日間は、僕がクルーチーフとなります。

クルーでの最後の夜は、皆から集めた罰金で、
全員で食事に行きました。”KOBE”というJapaneseステーキハウス
に行きました。お決まりの鉄板を前にしたパフォーマンスを見て、
さしみやすしなども少しオーダーし、楽しいひと時を過ごすことができました。

CIMG2221.JPG
■KOBEにて。

シーズン中は、3人か2人でほとんどの時間を過ごします。
たくさんの審判が集まって食事をする機会などあまりありません。
明日には、皆自宅に戻るため、アリゾナを出ます。
僕ひとりで、2日間過ごすことになります。
毎度のことながら、少し寂しいです。

今のところ、去年いたサザン・リーグにクルーチーフとして戻ることになっています。
ただ、誰かが怪我で長期休んだり、スプリングトレーニング後に辞めたりすると、
僕が3Aに昇格する順番になっています。
明日、明後日にもそんな連絡があるかも知れません。
そんな事を期待しながら、2日間ゆっくりと休養したいと思います。

CIMG2220.JPG
CIMG2219.JPG
■3月17日から毎日試合に通ったカブス・マイナーのキャンプ地、
 Fitch Park,Mesa AZ マイナーではこんなところで試合をしているのです。

あっ、お陰様で、スプリング・トレーニングでの調整は大成功です。
どこに行くにしろ、9日(木)の開幕には、万全の態勢で臨めそうです。
サザン・リーグで開幕を迎えるとすると、
ジャクソンビル(フロリダ州)で球審からスタートします。
この秋のアリゾナ・フォール・リーグに選ばれるように
全力疾走で頑張ります!

2009年04月07日

Arizonaというところ

アメリカでは、スプリング・トレーニングを、
アリゾナかフロリダで行います。
理由は、この時期でも暖かく、
野球をやる施設が整っているからです。
野球に関わる多くの人々が、アリゾナやフロリダに
住んでいます。
ここに住んでいれば、
3月いっぱいまで家族と一緒に生活できるからです。

CIMG2236.JPG
■アリゾナの美しい夕景。

そんなスプリング・トレーニングで過ごしたアリゾナは、
僕にとって特別な思いのある場所でもあります。
アメリカで、一番多くの日時を過ごした州は、
間違いなくアリゾナになります。

1992年にアリゾナで行われていたジム・エバンス審判学校に
入校したのが始まりでした。
その年にプロ審判としての人生をスタートさせたのですが、
学校で過ごした後に、エクステンデッド・スプリング・トレーニング
をアリゾナで過ごし、アリゾナ・リーグ(ルーキー)
で公式戦を審判し、その後のアリゾナ教育リーグにも参加しました。
実にこの年は、審判学校も含めて、
8ヶ月間もアリゾナで過ごしました。

そんなアリゾナでの生活のほとんどを過ごしたホテルが、
今は亡き、”アリゾナ8モーテル”だったのです。
以前は、ここが若い審判の聖地のようなホテルで、
多くの審判がこのホテルにお世話になりました。
先日、現在滞在していたメサから、スコッツデールまで買い物に行った時に、
この場所を行き帰りに通ったのですが、
ホテルは変わってはいましたが、
建物の場所は、同じで、あの当時の思い出が、
鮮明に蘇ってきました。
プロ審判としてのスタートの地と言って良いでしょう。
なんか胸が熱くなりました。

そのホテルには、嫁さんにも来てもらったことがある場所なので、
僕たち夫婦にとっても思い出の場所でもあります。

そんなアリゾナとも今日でしばらくお別れです。
今日は、近所を散歩しながら、美しい夕景をたくさん写真に収めて、
昔のことを思い出しながら、初心に戻り、今シーズンの目標や決意を決めて、
胸の中に収めたのでした。

必ずや、秋にはアリゾナ・フォール・リーグに選ばれて、
帰ってきたいと思います。

CIMG2233.JPG
CIMG2234.JPG
■アリゾナの美しい夕景。アリゾナは、立派なリゾート地なんですよ。

2009年04月09日

いよいよ開幕

アメリカ時間の9日(木)本日は、マイナーリーグの開幕日です。
我々のクルーも開幕戦のため昨晩フロリダ州ジャクソンビル
に入りました。この地は、昨年家族が来てくれた
思い出の地でもあります。
そこで開幕を迎えるというのも何かの縁なのかも知れません。

CIMG1902.JPG
■ジャクソンビルで滞在しているホテル”ハイアット・リジェンシー”です。
 
今日は、クルーチーフなので、球審をします。
昨日知ったのですが、この試合には、
MLBの審判を統括する最高責任者である、
Jimmie Lee Solomon氏が試合観戦に来るそうです。
サザン・リーグ会長も観に来ます。
僕にとっては御前試合です。

開幕戦、御前試合、と良いプレッシャーになる
材料が揃いました。
いつものように全力を尽くしたいと思います。

いよいよ5か月間のレースが始まります。
17年間の経験を生かして頑張ります!

フロリダ州ジャクソンビルにて
平林 岳

2009年04月11日

御前試合

今シーズンの1試合目を無事に終えることができました。
開始後の両チームエース投手が、緊張していたのか、
投球が真ん中に集まり、連打されて、3点ずつ取られました。
こりゃまたひどい試合になるかと思いきや、
2回以降、両投手とも立ち直り、
良い試合になりました。

CIMG2240.JPG
■クルーメンバーのクレッグ(左)とカール(右・後ろ姿)3人とも05年にスタートした同期です。

1回の表に投球を指に受けて、自分でもとても心配でしたが、
大したことなく良かったです。
自分の球審としての仕事は、
上出来だったと思います。
1回の裏に、捕手の打撃妨害がありましたが、
しっかりと宣告し、マニュアル通りに的確に指示することも
出来ました。
ただ、走者1塁のケースで打撃妨害がありながら、
ライトに打球を打ったので、本来であれば、
球審である自分が、3塁方向へ行っていないといけなかったのですが、
頭の中が打撃妨害の事でいっぱいで、打球方向に行ってしまいました。
試合後にクレッグ(アシスタント・クルー・チーフ)から、
「チーフ、何であの時1塁方向に来たんですか?」と指摘され、
自分でも気が付きました。
チーフとして細かいところにも気をつけなければと
思い知らされたのでした。

CIMG2241.JPG
■試合前の重圧にふさぎ込む自分。
 そんな事は、ありません。ただのポーズでした。

御前試合でプレッシャーがあった試合で、
クレッグもカールもクルーとして素晴らしい審判をしてくれた
ことが、クルーチーフとして何よりも嬉しかったのでした。

2009年04月12日

クルー・チーフ

まだ開幕してから2試合しか経過していませんが、
クルー・チーフという職務が、
明らかに、今までと違った雰囲気を自分に与えてくれています。

チームから、この試合での責任者は、
自分なんだということを雰囲気から感じます。
これは良い緊張感です。

自分自身でも、自分の仕事をすることは当たり前、
それ以外の審判の判定や、天候、
など全てに関して注意を払う努力をしなければなりません。

昨晩の試合でも、監督から”ダブル・スイッチ”に関する質問を受けました。
このように、予期もしていなかった質問を、
突然受けるケースは今後たくさん予想されます。
それに対応できるだけの”知識”も必要になります。
(実際に起こっていないケースに関しても答えられなくてはなりません。)

クルー・チーフという仕事は、自分を成長させるための良い機会であると、
実感しています。この職務を通して、審判としてのスケールを、
もっともっと大きくしていきたいと思います。

2009年04月13日

Easter イースター(復活祭)

今日12日の日曜日は、イースター(キリストの復活を祝う祭り)でした。
ランチを食べに近くのフード・コートまで行ったのですが、
何と休みでした。さすがアメリカです。このような大切なお休みのときは、
しっかりとお店も休むんですね。15分ぐらい歩いて、
”バーガーキング”で昼食を取りました。

3時からの試合で、今シーズン2回目の球審でしたが、
今日は、何にもなく、本当に審判を楽しむことができました。
試合時間も2時間30分と、心地よい疲労感を
味わうことができました。

車で2時間ぐらいのデイトナから2人のアドバンスAクラスの審判が、
見学にきました。そのうちのショーンは、ランキングが、
アドバンスAクラスで現在一番。なので、僕が3Aに昇格すると、
彼が僕のスポットに入ることになります。
お互いに毎日気が気じゃありません。そんな同じ境遇同士で、
話が弾みました。

4試合終わったばかりですが、いろいろなことが起こりました。
打撃妨害あり、1塁のフォースプレー時に、ノータッグと空過が同時に起きたり、
1塁のフォースプレー時に、送球がそれて、タッグプレーになり、
その際に走者と接触して、ボールの入ったミットごと地面に落としたり、
スタンドに上がったファールボールを野手がダイビングして捕りに行った際に、
捕る寸前でファンが掴んでしまったり。

これらのプレーの処置に関しては、少しずつブログでお伝えしていきます。
ご期待ください。

フロリダ州ジャクソンビルにて
平林 岳

2009年04月14日

豪雨

キッズ・デーの今日は、11時からのデーゲームでした。
そんな試合で、何と2時間1分という、
あとほんの1分早く試合を終了することができたら、
球審であったクレッグが、僕とカールから
ステーキ・ディナーをご馳走になれるはずだったのです。
クレッグは、試合直後、公式記録員に尋ねたところ、
”2時間01分”と言われ、ガッカリしていました。

そんな早い試合を終えて、フロリダ州ジャクソンビルから、
アラバマ州モービルまでお決まりの車移動です。
距離は400マイル(640キロ)で約5時間半の移動です。
フロリダの周辺は、よく午後になると集中豪雨が降ります。
今日も途中1時間ぐらいの間、ものすごい豪雨の中を運転してきました。
前が全く見えない状態でした。

去年も一度モービルから移動する際に、
同じような豪雨に遭いました。
ちょうど、僕が運転していたのですが、あまりのひどさに耐えられず、
運転を交代してもらいました。
今日も、ちょうど僕が運転中に起こりました。

本当は、とても怖かったので、代わってもらいたかったのですが、
クルーチーフである以上、責任を感じて、頑張って運転しました。
やれば出来るものです。
凄い自信がつきました。

到着後に仲間から、「アメリカにいる日本人審判のなかで一番運転が上手いよ」。
と褒められました。

その甲斐あってか、夕食は、ジャパニーズ・ステーキ・ハウスに
連れて行ってくれました。

本当に皆、チーフである僕に気を遣ってくれます。

彼らの為にも、彼らが気持ちよく仕事ができるように
してあげることが、チーフとしての僕の仕事なのです。

アラバマ州モービルにて
平林 岳

2009年04月16日

今期初、退場宣告!

今日の試合で、早々と今シーズン初の
退場を宣告してきました。
昨年は、7月の終わりに1度宣告しただけだったので、
特に早い時期に感じます。

状況は、8回の表で、裏のチームが2-0でリードいていた場面です。
打者に外角の投球をストライクと宣告しました。(1ストライク目)
打者は、"That's fucking out side!"と言ってきました。
僕は、"That's good pitch!"と応えると、
再び同じことを言ってきたので、"Can't talk about pitch!"と警告を入れました。

その後何球かしてカウント3-2から、
投手が決め球として投げてきた外角の素晴らしい投球に、
”ストライク・スリー”と三振を宣告すると、
予測していた通り、打者は、"That's fucking out side!"
と語気を荒めて言ってきました。
僕は、”That's enough, that was good pitch!"と最終警告を入れましたが、
僕のほうへ近寄ってきて、"That's fucking out side!"と言ってきたので、
"You're gone!"と退場を宣告しました。

自分の中では、少し退場させるのが早すぎたかな?
と一瞬思ったのですが、警告を2度入れていること、
居場所を離れて、自分のほうへ向かってきたことから、
退場を宣告しました。

試合後に、クレッグとカールは、退場にタイミングが良かったよと
言ってくれました。

クルーチームという立場上、退場しそこなうことが一番悪いことだと思います。
そういった意味では、良い退場だったと思います。
ちなみに投球にかんしては、間違いなくストライクだったと
今でも信じています。

2009年04月18日

アメリカでの生活

開幕してから9試合を終えました。
クルーチーフとして臨む試合は、
試合後は、今までとは違った良い疲労感があります。
それよりも、AAAに早く昇格できないかと、
毎日すっきりとしない気持で試合に臨んでいる気がします。
早く、すっきりと思いきって試合に臨めるように祈るばかりです。

さて、久々に普段の生活について
お伝えします。

試合は、ほとんどナイト・ゲームなので、
夜型の生活です。深夜2時~3時に寝て、
朝10時ごろ起きます。

CIMG2244.JPG
CIMG2245.JPG
■現在滞在中のホテル"LA QUINTA"の僕の部屋です。
  冷蔵庫、電子レンジが備わっていて快適です。
  テレビも液晶プラズマです。

朝食は食べずにメールのチェックや英語の学習を
午前中にするようにしています。
お昼すぎにホテルのジムで30分ほどランニングします。

午後1時ごろからランチをクルーで食べに行っています。
値段やヘルシー度から、もっぱら"Sub Way"がほとんどです。

午後2時過ぎから球場へ向かう午後5時半ごろまでは、
テレビをみながらリラックスタイムです。
僕は、ここ数年、TBSというチャンネルで、この時間帯に
放映されているコメディ系のテレビドラマを見ています。
"Just Shoot Me" "Yes, Dear" "King of Queens"など
アメリカではお馴染みのTVショーです。
僕は特に、"Seinfeld"が大好きで、DVDもたくさん持っています。
勿論、英語の勉強のためにも観ているのです。
字幕がでてくる機能が付いているテレビがほとんどなので、
かなり勉強になっています。

試合から帰ってくるのが、午後10時から11時ごろなので、
クルーのコミュニケーションをとる為に飲みに行ったりすると、
帰宅は午前1時から2時になります。

大体このような生活になります。
これからの生活での課題は、
”食生活”だと思います。こちらで食べることができる、
廉価なファースト・フードで、いかにバランスよく食べていくか
だと思います。

こちらのほうも努力していきたいと思います。

2009年04月20日

ミシシッピー州

アラバマ州モービルでのナイト・ゲームを終えて、
ミシシッピー州ジャクソンに試合後に移動してきました。
いよいよ移動生活が始まった感じです。

ジャクソンは、昨年家族が来てくれた思い出の地でもあります。
娘の里紗が、この球場でマスコットとレースをしました。
ホテルは、違うところですが、
今回は、何とホテルの目の前に球場があります。
僕の審判生活で、一番球場に近い宿泊先ホテルということになります。

CIMG2248.JPG
■僕の部屋から撮った写真です。歩いて球場まで行けます!

僕は、基本的に球場に近いということは、あまり良いことだとは思いません。
何か、いつも仕事の事を思い出すような気がします。
僕たちは、仕事のオン・オフの切り替えがとても大事なことです。
でも、これも良い経験になることも間違いありません。

2009年04月22日

アメリカでの生活#2

現在滞在中のホテルは、とても球場に近いところにあり、
しかも、昨年建てられたばかりの新しいホテルです。
とてもきれいで、電子レンジや冷蔵庫も備わっていて、
とても居心地が良いホテルです。

でも2つだけ気に入らないことがあります。
1つは、ビジターの選手達と同じホテルなのです。
我々審判は、試合の中では、常にどちらかに有利・不利な
判定をしなければならない立場にあります。
どうしても敵にまわることが多いのです。
ホテルでも彼らの顔をみるのは嫌なものです。
生憎、サザン・リーグでは、このようなホテルが多いので、
僕のリーグに対する不満は、この点だけです。

もう1つは、部屋のバスルームにバスタブがないことです。
日本で育った僕にとって、お湯に浸かって疲れを取ることが
とても大事なことなのです。
ほとんどのホテルは、とても浅いバスタブがついています。
バスタブがあれば、多少汚くても我慢すれば、お湯につかることができます。
この部屋には、バスタブがないので、
お風呂に入るチャンスがありません。

CIMG2253.JPG
CIMG2252.JPG
CIMG2255.JPG
■こんな感じのシャワールームです。お風呂が恋しい今日この頃です。

早く、AAAに上がって、大都市にて、
サウナなどのお風呂のある場所に行って、
お風呂に入り、マッサージを受けてみたいものです。
そんな日を夢見て頑張ります!

2009年04月24日

査定

22日の試合から、スーパーバイザーが僕らのクルーの
査定に来ています。今いるAAまでは、PBUC
(Professional Baseball Umpire Corp.:マイナーリーグ
審判を統括している組織)のスーパーバイザーが査定をします。
AAAになると、もうPBUCの管轄ではなくなり、
メジャーリーグの管轄になります。

今回の査定は、僕にとって大きなプレッシャーのかかったものでした。
それは、現在僕のAAでのランキングは1位です。
昨シーズン終了時のランキングが7位で、
現在までに6人がAAAに昇格しています。
今回の査定と、オールスター前までにもう一度査定を受けて、
オールスター後には、ランキングの入れ替えがあります。
そこで、ランクを落とすとせっかく現在は、
次に昇格する1番手であっても、それが遠のいてしまうのです。
そういった意味でプレッシャーのかかった査定なのです。
クルーチーフとしてという部分も見られるので、
その事も大きなプレッシャーです。

球審と3塁塁審を見られましたが、
AAクラスになると、ストライク・ボールの判定や、
アウト・セーフの判定に関しては、あまり指摘されず、
ほとんどが、ポジショニングに関するものでした。
球審、3塁ともに特に難しい判定などがなく、
上出来だったと思います。
球審のときには、捕手の打撃妨害がありましたが、
無難に処置できました。

今晩、1塁塁審の査定がありますが、
もうその査定に、プレッシャーを感じなくて済むようになりました。
昨日の試合後に、スーパーバイザーのDustyから、
”おめでとう!”と言われ、”えっ?”と応えると、
”知らなかった?昇格おめでとう!”と昇格を告げられました。
AAA審判が、けがで長期休まなければならなくなった為の昇格でした。
近日中の昇格が難しそうだなぁと開き直っていたところなので、
本当に嬉しい知らせになりました。

詳細については、これから連絡があると思いますが、
まだわかりません。
インターナショナル・リーグという東海岸中心のリーグ
に配属になるようです。
これからは、メジャーのスーパーバイザーが見に来ます。
もう後は、ありません。メジャーへ行くか、クビになるかの勝負です。
気合いを入れて頑張ります!

ミシシッピー州ジャクソンにて
平林 岳

2009年04月26日

昇格しました!to International League(AAA)

久し振りに試合後に移動しなければならない日に、
スーパーバイザーの査定があり、
球場を出たのが11時過ぎでした。536マイル(約860キロ)
の移動でした。サザン・リーグ(2A)クルー#4、僕がクルーチーフ
としては最後の移動でした。

昨日のお昼頃、インターナショナル・リーグ会長から電話をもらい、
正式に昇格を通達されました。
月曜日にオハイオ州のToledoというところで3Aに合流します。
クルーチーフは、R.J. Thompsonで、02年には、UDCの内川君と
カリフォルニア・リーグでコンビを組んでいた審判です。
メジャーリーグに時々上がれる審判の一人で、
人がらもとても良いようです。彼にも連絡をしたら、
本当に歓迎してくれていて、一緒に仕事ができることが楽しみです。

会長からの電話の後、PBUCのボスからも連絡があり、
「私達が、自信を持って3Aに送ったんだから、
必ずメジャーにも行けるはずだ。毎日、ベストを尽くして頑張りなさい。」
と激励のお言葉までいただき、感激しました。
後は、やるだけです。

2Aクルーチーフとしての最後の移動だったので、
頑張って5時間ぐらい運転しました。
朝7時(時差の関係で、1時間進んでいました。)に
テネシー州のノックスビルに到着しました。
5時間ぐらい寝ました。7時15分からの試合で球審です。
2Aでの2試合もしっかりと仕事して、
3Aに備えたいと思います。

たくさんのコメントやお言葉をありがとうございました。
本当に皆さんのお言葉は、嬉しく、また励みになります。
本当にありがとうございました。
これからが勝負です。
まだまだ頑張ります!

2009年04月27日

飛行機移動

今日27日からいよいよAAAでの仕事が始まります。
これから飛行機でオハイオ州のトレドまで移動します。
現在、朝の5時50分ですが、
飛行機で当日移動の場合、このような時間が当たり前のようです。

それでは、出発します。

CIMG2258.JPG
■僕がクルーチーフを務めたSothern League Crew#4の最後の試合前です。


テネシー州ノックスビルにて
平林 岳

2009年04月30日

3Aデビュー

お陰様で、AAAでのデビュー戦を無事に終えて、
オハイオ州トレドからノース・カロライナ州Durhamに車で
10時間かけて移動してきました。
たった2試合しかまだ経験していませんが、
AAAは、審判をやる者にとって、とてもわくわくするような、
素晴らしい場所というふうに感じました。

一番感じたのは、審判のレベルが格段に違います。
AAA審判は、皆目標はメジャーです。
ここでは、こまかいところまでメジャーで要求されるような
ことをひとつひとつ確実にこなしていけることが
不可欠になります。2人の審判がやろうとしていたことが、
今まで自分がよろうとしていたことの
2つも3つも上の事をやろうとしているのです。
何か違う世界のようです。
そんな違った世界に入ることができて本当に幸せです。

これからは、この違った世界のレベルの中で、
自分をアピールできなければ生きていけません。
何か、益々やる気が出てきました。

そんな事を体の中から感じた、
AAAデビュー2試合でした。

ちなみに2試合目の、AAA初球審の試合後に、
ビジティング・チームであったコロンバス・クリッパーズに在籍
している大家投手から試合後に、この試合で使ったボール
が届きました。
ありがとう!早く、メジャーに上がって大暴れしてください。

Calendar

2011年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー