« 15秒ルール | メイン | いよいよ渡米!現場に直結TOEIC TOEICでスコアUPを目指す皆さんへ »

捕手のミット動かし(マナー)

日本野球連盟(社会人野球)で、捕手が投球を補給する際に
ミットを動かすことを禁止たようです。

これは、日本では、捕手が投球を上手に捕球し、
審判にストライクに見せるという行為が、エスカレートし、
ボールの投球まで、ミットをストライクの場所まで動かして、
審判にストライクのように見せようとする行為が
あたりまえのようになっていたことを
やめさせるための策だと思われます。

確かに、今まで、そのような捕球をする捕手が、
”キャッチングが上手い”とされていました。

アメリカでは、キャッチャーがミットを動かしながら捕球した場合、
ボールと宣告するように教えられています。
審判側からするととてもやりやすくなるわけです。
際どい投球の際に、捕手の捕球の仕方を見ていれば、
判定が出来る訳です。(そこまでしっかり判定を決めないで見ることが必要です。)

捕手は、本能的に際どいところをストライクに見せる為に、
動かす習慣がありました。
審判サイドの心理からすると、
捕手がミットを動かすということは、「ボールだから動かしたんだ」と思うものです。

捕手の皆さん、
自分のやっていた行為で、損をしないように注意しましょう!
審判にしっかりとどこで捕球したかを見せる努力をしてください。

審判の皆さん、
捕手がどのようなキャッチングをするかまで
しっかりと見届けるようにしましょう!

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー