aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月 アーカイブ

2008年09月01日

ラストゲーム

今日の試合で、今シーズン全ての公式戦が終了します。
僕にとって、一つのリーグで、同じメンバーと1シーズン全てを
一緒に過ごした経験は初めてでした。

3人制に関しても、同じメンバーと140試合、苦楽を共にしたことで、
いろいろなことが学べました。今シーズンの経験によって
今後は、誰と仕事をすることになっても
3人制審判を上手く機能させていく自信になりました。
素晴らしい経験ができた1シーズンだったと思っています。

アート、クインとのコンビで試合をすることは、たぶんこの先ないと思います。
今日の試合は、このクルーでの最後の試合に相応しい、
素晴らしいコンビネーションが出来るように全力で頑張ります。

アラバマ州モンゴメリーにて
平林 岳

●カウントダウン(残り試合)
1試合(球審0試合)

2008年09月04日

帰国しました!

昨日3日のデルタ55便にてアトランタから無事に帰国しました。

本当に自分にとってこれからさらに上を目指すにあたっての、
キーとなるシーズンに素晴らしい経験をすることができました。
同時にコミュニケーション(英語力)能力強化の必要性
を痛感し他のも事実です。

メジャーリーグで審判ができる可能性は、見えてきたような気がしますが、
同時に、このままの英語力では、無理であるということもよくわかりました。

来年のことはまだわかりませんが、AAAに昇格できたらもちろん、
AAでもクルーチーフとして、もう英語ができないという言い訳は、
通用しません。

本当に勝負のオフシーズンだと思います。
出来る限りの努力はしていきたいと思います。

9月4日(木)東京の自宅にて
平林 岳

2008年09月13日

オフシーズン

更新が滞ってしまいました。すみません。
もう、どっぷりと日本の生活にはまってしまいました。

不思議なもんで、10日前までアメリカで生活していたことを
もう忘れてしまったようです。
こういうのを「生活に追われて」というんですかね?

今は、できるだけいろいろなかたがたとお会いしています。
マイナーリーグ審判は、オフシーズンに、
審判で稼げないので、皆必死に仕事を探します。
僕も例外ではありません。

出来ることは、何でもやります。
講演、講習、研修、コーチング、英会話(まだ無理か!)など・・。

何かありましたら宜しくお願いします。

2008年09月19日

祝!8年連続200本安打

イチロー選手、8年連続200本安打おめでとうございます。
本当に、日本人の誇りだと思います。
9年連続も必ず達成して欲しいです。

何より凄いことは、毎日試合に出ていること。
8年間、大きなケガや病気を一度もしていないということです。
身体が強いということがあると思いますが、
どれだけ自分で自分の体調管理に気を使っているか、
僕にはよくわかります。

100年以上前の記録は、もちろん偉大ですが、
ルールや環境が、あまりにも違いすぎます。
3バント失敗は、なかったそうです。

イチロー選手は、間違いなく世界ナンバーワンの安打製造機です。
200安打目は、内野安打。彼らしいヒットで、見ていて嬉しかったのです。
彼が日本で活躍しだした頃、セカンド・ゴロでも際どいプレーになり、
我々審判達を泣かせていたことを懐かしく思い出しました。

きっと、自己管理がしっかりできる選手なので、
50歳ぐらいまでプレーが出来ることでしょう。

2008年09月24日

オフシーズン企画

昨日は、9月1日以来になる、久々の審判としてグランドに立ちました。1塁塁審でしたが、やはり現場での仕事は気持ちが良かったです。

欽ちゃん球団とテリー伊藤さんのチームとの試合で、桑田投手の引退試合でもありました。越谷市民球場が超満員となっていたのですが、あらためて桑田投手の偉大さを感じさせられました。これから彼が何をするのかは、わかりませんが、質の高い後進の育成に尽力して欲しいと勝手に思っています。これからも頑張ってください!

このオフシーズンには、新たな講習会を考えています。まずは、審判のフォーメーションとポジショニングを中心とした、全4回程度の”アンパイア・スクール”をやってみたいと思っています。少人数制(10~15人程度)で、2,3,4人制審判において大事なフォーメーションとポジショニングを凝縮したものをお伝えできる場びしたいと考えています。少人数にしたのは、受講者とのコミュニケーションを蜜にしてみたかったのです。遠慮なく、質問などもして欲しいと思ったからです。

アンパイア・スクール<座学編>も同時に行いたいところです。フォーメーションやポジショニングをまずは、頭の中で理解してもらうことも必要なのです。その後、フィールドで体感することによって理解が深められることでしょう。

それと、”オールドルーキー平林岳 トークショー”のような企画も考えています。僕が、経験してきたことをたくさんの皆さんにご紹介をして、審判という仕事を理解してもらい、初めてのかたには、興味を持ってもらい、経験者の皆さんには、ますます審判が好きになってもらいたいからです。審判の魅力を余すことなく伝えられたらと思っています。

ブログをご覧の皆さん、このオフのオールドルーキー企画には、是非ご参加くださいね!

2008年09月28日

フォーメーション&ポジショニング

昨日は、僕達のNPO法人Umpire Development Corporation(通称UDC)
のスタッフ・ミーティングを行いました。
副代表の内川君、藤原君、そしてホームページの管理をしていただいている、
大道さんと、じっくりと3時間ほど話し合いました。

話し合いのなかで、僕が特に早急にしなければならないのが、
4人制と3人制審判フォーメーション&ポジショニング マニュアルの作成です。
10月中には、それらのマニュアルを完成させたいと思っています。

それをもとにしたセミナーや講習会を10月後半から開催していくことにしました。
それぞれのフォーメーションと正しい判定をするための
ポジショニングを出来る限りわかりやすく説明していきます。

ご期待ください!そして、是非ご参加を!

Calendar

2011年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー