« SD フェーマス・チキン | メイン | ラスト20! »

こんなプレー

この前の僕が球審した試合中にこんなプレーがありました。

走者1塁で1アウト。投手の投球がバウンドしました。捕手は、必至でその投球を後ろに逸らさないように体でブロックしました。通常、ボールが前方にこぼれて、それを捕手が素早く拾って、走者をけん制します。ところが今回は、なかなかボールが捕手の右手に現れません。

もしやと思って、捕手の横に回り込んでみると、ボールが見事に捕手のプロテクターと捕手の体の間に挟まっているのが確認できました。

すぐに”タイム!”を宣告し、走者へ2塁進塁の指示を出しました。

ルールで、”投球が捕手や審判のマスクなどに挟まった場合、走者に1つの進塁を与える。”という項目があります。これを適用しました。審判学校では、このようなプレーへの処置の仕方を何度も教えます。僕もクインも、審判学校でインストラクターをしている(た)ので、とても素早くてきぱきと対処することができました。そのお陰か、誰ひとりとして何も言いませんでした。

審判をしている皆さん、このようなプレーは突然起こりますよ。このブログを読んだかたは、自分がこのようなプレーを経験したつもりで読んでください。きっと明日の試合でこのようなプレーが起こっても、素早く対応できるはずです。プロテクターだけではないですよ、ユニフォームの中に入ったり、審判のボールケースの中に入ったこともあるんですよ。気をつけましょう!

CIMG2039.JPG
■打者、捕手、そして審判のいるこの空間では、いろいろな事が起こります。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー