« 中1日での球審 | メイン | SD フェーマス・チキン »

ローカル・アンパイア

アートが3Aに行っている間は、地元のアマチュア審判に1人入ってもらい、試合を運営しています。だいたい来てくれるかたは、大学野球で審判をしているかたで、しかも、ディビジョン1と言われている一番レベルの高いレベルで審判をしているかたがたです。

彼らの多くは別の本業を持っていて、余暇を利用して審判をしているのですが、こちらのアマチュア審判のかたがたの報酬を聞いてびっくりです。僕たちよりもずっと良い収入を得ています。今現在いるこのあたりでは、UT(ユニバーシティ・オブ・テネシー)というスポーツでは有名な大学があり、そこの試合に行くと、1試合に$225(約23,000円)ぐらい貰えるそうです。公式戦でも、週末のシリーズに行くと、交通費込みで$1,500ぐらいは貰えるそうです。びっくりしました。

これは、アメリカの全米大学スポーツ連盟が上手にビジネスをしているためだと思われます。フット・ボールやバスケットがNFLやNBAのマイナーリーグのような位置づけにあり、テレビ放映なども頻繁にあり、そのあたりの収入をうまく利用しているようです。

日本のアマチュア・スポーツの世界ももっともっとビジネス化して、関わる人たちの収入が潤うようなシステムになっていけばよいなぁと想像してしまいました。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー