« 英語力不足によるフラストレーション | メイン | 踏ん張りどころ »

誰に見られているかわかりません!

昨晩の試合後にテネシー州ジャクソンから同じくテネシー州のチャタヌーガに移動しました。4時間ぐらの運転でしたが、チャタヌーガに到着したのは午前3時半。そして時間が違うので1時間進み、午前4時半でした。それから就寝し、先ほど起床してこのブログを書いています。あと5試合で3日間のオールスター休みになります。5試合をしっかりと仕事して、3日間たっぷりとリフレッシュしたいと思っています。

さて、昨日の午前中にリーグからメールがありました。題は、”ファンからの手紙”とありました。読むと、僕たちクルーにとって、とても嬉しいないようのものでした。リーグ副会長のロリィも、「このような手紙がくることはとても珍しいから。」と前置きしてありました。

手紙は、7月3日のバーミンハムでの試合を観戦した一人のファンのかたからで、その試合を見て、審判3人の仕事ぶりに感動して手紙を書いてくれたのです。このかたは、20年ぐらいフットボールのレフリーをしているようで、特に僕たちのポジショニングについて”素晴らしい”と褒めていただきました。このかたが言うには、「審判にとって完全試合というものがあるのかわからないけど、この日の3人の試合はまさに完全試合だった。ストライク・ボールの判定に関しても、1球も間違いがなかった。」とまで書いてくれました。それをリーグ事務所にFAXしてくれたのです。(ちなみに僕は球審でした。)

リーグ副会長ロリィは、この手紙を我々のボスであるPBUCのスーパーバイザー ジャスティンにもメールしてくれたので、彼からもすぐにメールでお褒めの言葉をいただきました。

試合は毎日のように行われています。スーパーバイザーに見られるのはわずか年間9試合だけです。残りの131試合に、誰もみにきてないからと、気を抜いていると、痛い目にあうことがあるんですね。今回は、逆に褒められたので本当にラッキーでしたが、当然逆のこともあるということです。毎日、いつどこで誰が見ているかわかりません。常に全力を出すということの大切さを思い知らされた出来事でした。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー