« 3Aの試合見学 | メイン | 左右投げ対左右打ち »

メープルバット

休み明けの今日の試合は、3Aから降りてきた投手が先発するということで、とても期待していました。良い投手が投げる試合は、だいたい早い試合になります。結果は、確かに投手は良かったのですが、リーリーフ投手が崩れて、3時間を超えた試合になってしまいました。後半戦も前半戦のジンクスは、なかなか崩すことが難しそうです。

最近、アメリカ野球で問題になっているのが、”メープル製バット”を使用することによる弊害です。木質が固いようで、反発が良く、ボールを遠くに飛ばすことができるようです。ただ、バットが折れやすく、しかも、真っ二つにきれいに折れるのです。この折れたバットが、遠くまで飛んでいくので、そのバットの片割れが、選手やスタンドのファンに当たって、大けがをすることが多く発生するようになったのです。

僕がアメリカで再度審判をするようになってから、最近はやけにバットが折れることが多いなぁと思っていたのです。バットを折りながら外野に打球を飛ばす光景もよく目にしていました。最近になって問題視するようになりました。

そして、遂に今日のメジャーリーグの試合で、なんと折れたバットの片割れが球審に当たって、審判が病院に運ばれる事態が起きました。今回のことでメープルバット禁止の動きに拍車をかけることになるでしょう。でも、何かあってからでは遅いのです。今日被害に遭った、ブライアン・オーノラ審判の怪我が大きくないことを祈りたいと思います。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー