« 左右投げ対左右打ち | メイン | ポジショニング »

いろいろな事があった1試合

今日の試合では、実にいろいろなことがありました。

まず驚いたのが、試合前にホームプレート上でメンバー交換を行うのですが、ホームプレート上に行って、バックネット裏のスタンドを見ると、何とスーパーバイザーのアンディ・ショーツ氏がいるではないですか。今シーズン3回目の査定が今日から始まりました。今回は、球審から見られることになります。ということは、マイナーリーグ審判で、一番最初に球審の査定試合を全て終了したことになります。3時間35分の長い試合で、球審にとっては、苦しい試合でしたが、何とか前回よりだいぶ良かったと言われたのでホッとしたところです。3塁塁審、1塁塁審も頑張りたいと思います。

ボークあり、退場あり、ローテーションのケースもたくさんありました。

何と言っても、両チームに警告をいれたということが僕にとっては、今日の試合でのハイライトです。打者が、デッドボールを受けて、1塁ベース手前で、投手に何か言いだしました。その後、ファースト・ベース・コーチも投手に対して何か叫びだしました。このまま、両チーム全員による、大乱闘が始まるかと心配しましたが、そのような事態にはなりませんでした。でも、この状況から、報復行為が起きる可能性があると判断したので、両チームに警告を入れました。この後にどちらかのチームが、わざと打者を狙って投球してきたと審判が判断した場合は、その投手と監督が退場になります。

査定があったこの試合で、いろいろなことがありましたが、クルーとして、それぞれの審判として、特に問題になるような対応をしなかったので、まずは良かったなぁと思いました。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー