« バーミンハム・バロンズ | メイン | デーゲーム→移動 »

猛抗議!

ゴールデンウィークだったので2日間お休みをいただきました!(何てこちらではGWはありません。気分だけ味わいました。すみません。)皆さんのGWはどうですか?審判の皆さんは、かえって忙しいのではないのでしょうか?ご家庭をお持ちの審判のかたは、本当に審判に行くことが大変かと思います。それでも、審判にお出かけの皆さん、本当に頭が下がります。ありがとうございます!

さて、昨晩の試合では、1塁塁審で、久々に猛抗議を受けました。1塁線上のフェア・ファールの判定でした。もちろんとても際どい打球でしたが、抗議を受ける時というのは、”場面”によるということをあらためて感じました。

これには伏線がありました。1対0でホームのバーミンハムがリードしていました。7回の裏にバーミンハムが久々にノーアウトで走者が出塁しました。ここで、打者が、3塁前にボテボテのゴロを打ちました。その打球が、打った後にバットに当たったのでファールではないかと、モービル側から球審のアートへ抗議をしてきました。3人で協議しましたが、当たったという確信はないので、判定を覆さずにそのままで再開しました。その後に、2死満塁まで投手ががんばっていたのですが、代わった投手がワイルド・ピッチをして1点を取られてました。

そして、その打者が1塁線上に打球を打ってきたので、猛抗議を受けたのです。この2塁打が駄目押しになりバーミンハムが4対2で逃げ切りました。だから、どちらにとっても大事な判定だったのです。だいたい猛抗議を受ける場合には、このように”状況”というのがとても大きく影響します。そして、それ以前の審判の判定も影響してきます。

僕たちの判定は、必ず利害関係がついてきます。だから、抗議を受けます。しかし、その抗議などのプレッシャーに負けるわけにはいかないのです。今日は、球審です。このような試合の後なので、普段以上に気合を入れて頑張ります。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー