« 討論 | メイン | 明日からメジャーリーガー »

時速100マイル(約160キロ)

ほとんどの野球場には、スピードガンが備え付けられていて、投手の投げた投球のスピードがスコアボードなどに表示されます。昨日投げていたホームチーム投手の投球が、1塁塁審から見ていても、かなり速く感じたので、スピードガン表示を見ると、”101”とか”100”などと表示されていました。

時速100マイルは、だいたい時速160キロを超えているぐらいです。球場のスピードガン表示は多少速く出るように設定されているところがほとんどなので、あてにはならないのですが、150キロ後半は出ていたように見えました。

日本で審判をしていたときのも感じたのですが、150キロを超える投球になると、普段と少し違う見え方をします。松坂投手の投球を初めて見た時に感じました。それが、さらに160キロとなると、また違った見え方になるのでしょう。

アメリカには、150キロを超えるスピードボールを投げる投手はたくさんいます。そのなかの1部の投手が、将来160キロを超える投球ができるようになるのでしょう。いつかは、そのような速さの投球を判定してみたいものです。メジャーリーグで審判をできるようになったら、きっと見ることができるでしょう!

03.21.08%20%E3%83%84%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3%20003.jpg
■オープン戦の時の見たランディ・ジョンソン投手。
彼も全盛期は、”100マイル”ぐらいのスピードボールを投げていました。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー