« 528キロの運転 | メイン | もみじ? »

DH制度(指名打者制度)

テネシーへ移動してきて、初めての試合でした。2Aリーグでは、今までとは違うことがありました。それは、ホームチームがナショナルリーグのチームの場合は、DH(指名打者制)を使わないということです。メジャーのナショナルリーグでは、DH制を採用していません。日本でもパリーグはDH制を使っていますが、セリーグは採用していません。僕は、日本でもパリーグ出身なので、ほとんどDH制のもとで審判をしていました。何ので、DHを使わない野球に慣れるまで少し苦労しそうです。

TN%20Smokies%20Stadium.jpg
■テネシー・スモーキーズの本拠地のどかな"Smokies Park"

どのようなことが違うかというと、試合の後半に投手が交代する際、打席が回ってきて代える場合は良いのですが、単純に投手うぃ交代する際は、投手の打順ではない打者のところに投手を入れて、その代わりの野手を投手の打順にいれるということを頻繁にします。日本人の僕にとって、選手交代を正確に聞き取ることが普通でも難しいのに、DHがない場合、交代がとても複雑になります。それを聞き取るのはまた頭痛の種になります。

まだこの状況での球審を経験していないのですが、とても不安です。何回でも聞き返して正確に選手交代を行わないと、僕にとっても命取りです。球審は、明後日です。ちょうど、スーパーバイザーも今日から我々のクルーを見に来ました。次の球審は、そのような状況なのでとても気合入ります。これも乗り越えなければならない壁のひとつです。頑張ります!

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー