aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« スプリング・トレーニング終了 | メイン | 休日 »

Drunk Athlete-酔っ払いアスリート

今日の試合をもって我々ホワイトソックスのオープン戦は終了しました。試合が終わると、監督、コーチ、選手などのチーム関係者も、審判もみんな自宅に一度戻り、数日の休日を過ごして、それから開幕を迎える場所に向かいます。でも、僕たち日本人やオーストラリア人審判達は、自宅に帰る時間とお金がないので、どこかで数日間を過ごすのです。僕は、キャンプ地のツーソンにそのまま残ることにしました。キャンプ中に休みがなかったので、少しだけのんびりしたかったのです。ちなみに、同じく日本人審判の野中君は、カリフォルニアに自宅のある同僚の家でお世話になるそうです。

12.03.08%E3%83%84%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3%20006.jpg
■ツーソンの思い出#1
スポーツバー”Saddle horn”で毎週水曜日限定で食べることができる$10のステーキです。安いだけでなく、大きくて、やわらかく、とてもおいしいかったのです。今回、初めて食べたのですが、”ホースラディシュ”といわれているワサビのようなものを少しつけて食べるとまたそれがおいしいのです。

先日の我々を統括する組織PBUCのミーティングで、こんなことを聞きました。野球のルールや審判法についての講義以外にも、私生活に関する注意などの講義もあり、そのなかで、"Drunk Athlete"(酔っ払ったアスリート)というWebサイトのことを例にあげて注意を促していました。数多くのプロアスリートが、街でお酒を飲んで、酔っ払っているところを写真に撮られていて、その写真を公開しているのがこのサイトです。たぶん投稿された写真だと思います。

我々、審判達は、写真を撮られて投稿されるということはないと思いますが、どこで誰が見ているかわからないので、自分の行動には責任を持って注意をするようにということなのですが、本当に怖いことです。サイトを運営する側は、とにかく多くの人がサイトに来てくれることだけしか考えていません。アスリートのことなんか全く考えていないのです。そのようなことがビジネスとして成り立ってしまうのだから本当に怖いことだと思います。自分で注意するしかなにのです。

日本のアスリートの皆さん、アメリカでこのようなサイトが人気があるということは、日本でもそのうちこのようなサイトが出来るでしょう。自分の身は自分で守るしかないので注意してくださいね!

●お知らせです。
今シーズンは、、サザンリーグ(2A)でスタートします。4月3日(木)にアラバマ州のモンゴメリーで開幕を迎えます。サザンリーグでは、審判に番号が与えられるのですが、僕の審判番号は#18になりました。日本ではエースの番号なので、何となく気にいっています。同じくオールドルーキーとして頑張っていた桑田投手の番号でもあるので、桑田投手の分まで頑張りたいと思います。

2008年 Southern League Umpire #18
Takeshi Hirabayashi

Calendar

2011年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー