aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2007年11月 | メイン | 2008年01月 »

2007年12月 アーカイブ

2007年12月03日

ビーチバレー田中選手に質問です。

アスポタサイトでアスリート同士が対談できるコーナーがあります。そこで、いつもいろいろな国へ行って活躍されているビーチバレーボールの田中さんにいろいろと質問してみたいと思います。僕にとって、ビーチバレーは、映画”トップ・ガン”でのビーチバレーシーンに魅せられて、憧れのスポーツのひとつであります。いつかは、挑戦してみたいと思っています。そんな、ビーチバレーでオリンピック出場を目指している田中姿子さんに聞いてみたいと思います。宜しくお願いします。

Q1 バレーボールの経験が当然あると思いますが、ビーチバレーとバレーボールは、どのようなところが違いがありますか?又、それぞれの適性で全く違うところがありますか。

Q2 ビーチバレーでは、サングラスが必需品だと思います。野球の審判もデーゲームでは、サングラスが必需品です。しかも、見ることが仕事なのでクオリティの高い製品が必要です。お勧めのサングラス(もちろん競技用)をおしえてください。

Q3 僕も、海外で仕事をしてますが、アメリカ1だけです。それでも、各地によって環境がかなり違います。いつもいろいろなところで転戦していると思いますが、そこでの環境への対応で、工夫していることがあればおしえてください。

Q4 常に汗で砂まみれになると思いますが、身体から砂をすぐに落とす何か良い方法があるのですか?僕は汗かきなので、何か汗を必要以上に出さないようにする秘訣でもあるのですか?


2007年12月04日

韓国チームが犯した、マナー違反

ビーチバレーの田中姿子さん、お忙しいところご回答を頂き、ありがとうございました。とても参考になりました。ビーチバレーも2人でプレーするので、”基本”がとても大事なんですね!審判でも2人制をやるためには、基本が全てです。審判の基本を学ぶ為には、2人制審判をマスターするのが一番良い方法だと思っています。とても共感しました。これからも、オリンピックでの頂点を目指して頑張ってください!

さて、野球の日本代表が素晴らしい試合を制して、北京行きの切符を手にする事ができました。本当におめでとうございます。金メダル目指して頑張ってください。オリンピックでは、悔いのないように、試合を楽しんでくださいね。

ところで、今回のシリーズで韓国チームのやり方には、怒りを覚えました。野球やスポーツで一番大切なマナーに違反し、その後も全く反省の色も見せない態度に、悲しみを感じました。アメリカの野球では、いつもメンバー交換を1時間前に終え、最終のメンバー交換を5分前にホームプレート上で行います。それでも、一度もこのようなマナー違反であり、メンバーを替えてくるようなずるい事をするような事は全く起こらないのです。それだけ、現場の人間のマナーに対する意識が高いということがいえると思いました。(これが当たり前だと思うのですが・・・。)

又、内角の投球を避けずに、わざと当たりに行き、デッドボールを宣告されるようなことまで平気でやっていました。勝つ事だけが全てという野球の典型であるといえるでしょう。上記の件やこのわざとデッドボールになりに行く行為などは、アメリカでは間違いなく報復行為を受けるでしょう。

皆さんは、今回の行為を見て、フェアープレー、マナーの大切さが良くわかったと思います。マナーを守ってプレーしないと、見ていても楽しくないのです。日本チームのフェアープレーがとても美しく見えたと思います。

ヒルマン前北海道日本ハム監督が言っていました。”日本のチームは、いまだに2塁走者が捕手のサイン盗みをしている。”と。パリーグでは、数年前に監督宣言で、何処のチームもサイン盗みをしないと宣言していたはずなのに・・・。このような行為は、韓国チームがしていたことと同じ、”マナー違反”であるということを日本の各チームも気がついて欲しいと思います。そして、もっとレベルの高い野球ができるようになって欲しいと思います。

2007年12月19日

異種目交流会

昨晩は、サッカーの元国際審判の上川徹さん、ラグビーの国際プロ審判の平林泰三さん、それとライツのスタッフ、中尾君、青山君の5人で交流会を開きました。平林さんは、シーズン中で、上川さんも各地を飛び回って、審判員の査定や指導を行っている、超多忙ななかでお時間を作っていただき、この会が実現しました。とても、有意義なお話を聞く事が出来ました。

サッカー界は、資金も仕組みもしっかりしていて、羨ましい限りです。このような良いシステムのお陰で、サッカー審判人口が50万人にものぼるそうです。野球の審判人口は、10万人に足らない8~9万人ぐらいだそうです。4人制審判が普及している現状を考えれば、とても少ない数字であるといえるでしょう。何とか策を講じて、数十万人になるように努力していきたいと決意しました。皆さんのご協力をお願いします。

ラグビー界も、数ではサッカーほどではないのですが、一本化がしっかりとしていて、国際的にも一本化ができているという印象です。

野球の場合は、アメリカとその周りの国という印象が強く、実際にもその通りだと思います。しかも、それぞれの国の目指す方向性もバラバラなような印象を受けます。

オリンピックの種目からも外れて、益々何か手を打つ必要があると痛感しました。いまこそ、何かをしていくべきです。まだ間に合います。皆で考えていきましょう!

わずかな時間でしたが、他競技のトップレフェリーのかたがたと、とても有意義な時間を過ごすことができました。僕も、2人に負けずに頑張っていきたいと思います。

2007年12月21日

ライツ忘年会

昨晩は、マネージメントをお願いしていて、オフの仕事先としてお世話になっている(株)ライツの忘年会に参加しました。

ライツの発起人である有森裕子さんやマラソンのエリック・ワイナイナさん、女子プロゴルファーの小俣奈三香さん、東京ヤクルトスワローズの松井光介投手、吉川昌宏投手、ラグビー審判の平林泰三さんなども駆けつけてくれました。

最後に古西社長から、”アスリートの夢を形にしていきたい!”と力強く語ってもらいました。マネージメントをお願いしている身として、とても頼もしく感じて、必ず夢をかなえてやろう!と強い決意をしたのでした。

ライツは、アスリートのことを第一に考えてくれる、とても素晴らしいスポーツマネージメントの会社です。

出演・記事掲載情報

師走のお忙しい時期になりましたが、ラジオに少しだけ出演します。

●12/29(土) TBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」に電話出演
◇ 内容:久米さんとの電話での対談。「平林岳のその後」「今年一年を振り返って」など
◇ 放送時間:番組13:00~15:00の終盤の約5分間

●12/26(水) 文化放送「くにまるワイド ごぜんさま~」に出演
◇ 内容:「日本の匠」のコーナーで、メジャーリーグ審判へのチャレンジ、今シーズンを振り返って等
◇ 放送時間:番組8:30~11:30中の10:03~10:23頃

現在発売中の月刊ビジネス誌"WEDGE"1月号にインタビュー記事が掲載されています。
新幹線のグリーン車にも搭載されています。新幹線に乗る機会があるかたはお忘れなく!

●月刊ビジネス雑誌"WEDGE" ウェッジ 1月号
◇「トップランナー」平林 岳(米国マイナーリーグ審判員)
夢への一歩 今からでも踏み出せる

年末・年始休みのこの時期に、お家でごゆっくりとお楽しみください!

2007年12月27日

出演ーNHKワールドTV、NHKBS1

今日は、NHKワールドTV,NHKBS1の番組”News Today 30 Minutes”(英語放送)
のロケを行いました。

朝は、現在お世話になっているフィットネス空間”ホグレルスペース日本橋”
でトレーニングしている様子を撮影してもらいました。
まだ通い始めて数回目だったので、少しうしろめたい気がしましたが、
いかにも毎日来ていますよという顔をしてトレーニングさせてもらいました。

ここの良いところは、”筋肉をホグし、しかも同時にインナーマッスルを強化する。”
”疲れにくく、病気やケガをしにくい元気なカラダつくる”というところがオールドルーキー
として、20代の若者達と競争をしなければならない自分にとってピッタリだったのです。

このオフの期間に、出来るだけ通って、しっかりと140試合に耐えられる
体作りをしていきたいと思います。

その後、会社に行き、雑誌の取材を受けました。

それから、神宮外苑に行って、
先ほどのNHKBSロケの続きを収録しました。

この番組は、海外向けの番組なので、英語放送となっています。
インタビューでも、英語で話してくださいと
リクエストされたのですが、頑なにお断りしました。

やっぱり皆さんに僕の英語力のなさを暴露したくなかったんで・・・。
それよりも、英語が出来なくても、頑張れば、
プロとしてやっていけるということを伝えたかったのです。
(完全に言い訳ですね。)

日本では、BS1で放送されるそうです。
是非、ご覧になってください。
(朝4:15からなので、録画して見て下さい。)

■News Today 30 Minutes(英語放送)
  2008年1月8日(火)NHKワールドTV 20:30~21:00
  2008年1月9日(水)NHKBS 早朝 4:15~4:45

宜しくお願いします!

2007年12月31日

上級審判養成講座

皆さんこんにちは!今年もいよいよ最終日になりました。
本年もご声援、誠にありがとうございました。
来年は、いよいよ念願のダブルA(2A)に上がれそうです。
これからが勝負です。
ますます、英語力が問われることでしょう。
今以上に努力し、マイナー最上級であるトリプルA(3A)へ
1日でも早く昇格出来るようにがんばります。
2008年も宜しくご声援をお願いいたします。

2008年は、”上級審判養成講座”(仮称)を
僕のプロデュースでやってみたいと思っています。

オフの期間に僕の経験から、
審判として必要なことを、各分野の専門家のかた
から講義をしてもらいたいと思っています。

今のところ、心・技・体ということで、

心・・・精神面ーメンタルトレーナー
技・・・ルールの解釈や講義への対処、
    難しいプレーへでの判定の仕方などを各種審判員から
体・・・体力面ートレーナー、ストレングスコーチ

以上のような部分がしっかりと学べるような
講座にしたいと考えています。

詳細が決まりましたら、このブログでも告知しますので、
奮ってご参加ください。

Calendar

2011年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー