aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« はじめまして | メイン | ラジオに出演します! »

打者走者の守備妨害

先日の千葉ロッテー北海道日本ハムの試合で、スクイズプレーの際に、日本ハム田中(幸)選手がパリーグ秋村球審に1塁へ向かう途中で捕手からの送球に当たり、守備妨害を宣告されました。このような守備妨害はよくあることですが、野球をやるうえで、知っておいて欲しい知識がこのときのプレーには含まれていましたので、少し説明させていただきます。

走者満塁でスクイズプレーが行われました。投手は、この打球を処理して、はじめは、本塁へ送球するつもりであったようです。でも、間に合わないと判断した投手は、1塁へ送球したのでした。このときに、投手が本塁へ送球したか、しなかったのかによって得点が認められるのか、認められずに走者は元の塁へ戻すかの扱いが変わってくるのです。

この場面で、投手が規則書でいう、”プレーやプレーの企てを行った”場合には、3塁走者の得点を認めて、他の走者は、投球当時の占有塁へ戻されます。行ってなかった場合には、全ての走者は、投球当時の占有塁へ戻されるのです。ですから、3塁走者の得点は認められないのです。

ですから、どのような行為がプレーやプレーの企てになるのかを、審判員はしっかりと把握しておかなければ、このようなプレーを裁けないということになります。実際に投手が捕手へ送球した場合は、勿論プレーをしたことになりますが、偽投(投げるまねだけした場合)は、現在のプロ野球では、プレーやプレーの企てにはならないという解釈をとっています。

このときのパリーグ審判団は、このルールの処置を素早く、的確に行っていました。その結果、ヒルマン監督もすぐに引き下がったのでした。見ていてとても気持ちよかったです。なかなか皆さんには、褒めてもらえることがないので、仲間である僕が思いっきり褒めておきたいと思います。"Good a job!"

皆さんが、わからないところで審判達は、ファインプレーをしているものです。そのようなことの少しずつの積み重ねで、信頼を得ていくしかないのです。

Calendar

2011年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー